2019年7月22日に、全国高等学校野球選手権群馬県大会の準々決勝である関東学園と高商大附高校の試合が行われました。

 1点ビハインドのの8回表2死3塁から台君のレフト前タイムリーヒットで同点とし、延長10回表1死から阿久津君がライト線へ3塁打を放ち、続く藤家君のレフト前タイムリーヒットで勝ち越しました。投げては先発松永君、6回からは石原、8回から藤家君のリレーで1失点におさえ、2-1で勝利し準決勝へ進出しました。

 

 関学附  000 000 010 1   2 
 商大附  000 000 100 0   1

  (延長10回)

 当日は多くの方に応援に来ていただきました。ありがとうございました。

[an error occurred while processing this directive]