トップ(関東学園大学附属高等学校)ニュース&トピックス> ニュージーランド短期留学の様子(2)

ニュージーランド短期留学の様子(2)

引率教員の現地からのコメント

ごきげんよう。

まずは飛行機から。
雨は降っていましたが、無事離陸しました。
機内では眠らなければ翌日辛いとわかっていながら、眠い目をこすり『アナと雪の女王』を見たりテトリスをしたり、各自備え付けのモニターを使い楽しい時間を過ごしました。中には『そして父になる』を泣きながら見ていた生徒もいました。
経由地オークランドでは各自軽食を買いました。初めて英語を使って買い物をした生徒もいました。飲み物の値段が高くてみんな驚いていました。森の絵のシャトルバスに乗り込み、国内線乗り場に行きました。運転手さんの腕がラグビー選手のように太くて驚きました。
国内線では長い時間陸地の上を飛んでいたので美しい景色を見ることができました。
クイーンズタウンは晴れ渡った空で私たちを迎えてくれました。早速バスに乗ってワカティプ高校に向かいました。そこではウェルカムパーティーの準備の真っ最中でした。準備も整いいよいよホストスチューデントたちとの対面となりました。なかなか英語が出てこない関学生にワカティプの生徒たちは積極的に話しかけてくれました。パーティーの最初にニュージーランド先住民であるマオリ族の歌と踊りを見せてもらいました。特にハカは圧巻でした。校長先生の挨拶を頂いたあと、アフタヌーンティーで私たちをもてなしてくれました。和やかなうちにパーティーは終了し、各自ホストファミリーとともに家に向かいました。

最初の夜、みんな何して過ごすのかなあ?
緊張してるだろうな。。。

次号をお楽しみに!

ごきげんよう。

▲このページの先頭へ