関東学園大学附属高等学校

ニュース&トピックス

2013年3月18日

オーストラリア短期留学の様子(6)

ごきげんよう。
まずは生徒の週末の話から、ランキング型式にてお伝えしましょう。

第3位 BBQ(オーストラリアでは、バービーといいます)

オーストラリアのかなり多くのお宅には、バーベキューセットがあります。また公園や海岸には材料を持ってくれば、無料で使用できる施設も必ずあります。オージーにとってそれぐらい身近なものなのです。みんなオージービーフや大きなソーセージなどを堪能したようでした。

第2位 スイミング

家のプールは勿論、海や川で泳いだようです。ケアンズ市内のビーチは泳げませんが、車で数十分走れば泳げるビーチもたくさんあります。また家のプールも結構大きいので、充分に泳げたようです。日本ではまだまだ泳げる季節には遠いので、一足先のスイミングに心躍らせているようでした。

第1位 ショッピング

ホストファミリーも日本から来た生徒たちに気を使ってくれているようで、全員の生徒がショッピングへ連れて行ってもらったようです。お土産やさんはもちろんのこと、意外とスーパーマーケットが人気のようです。野菜の量り売りやら、巨大な肉塊やら、色鮮やかなのでケーキなど見るもの全てが新鮮だったようです。

ランキング以外でもパーティに行ったり、ホストファミリーの子とバスケをしたり、それぞれ素敵な週末が送れたようでした。

さて今日は、今回の短期留学のメインイベントであるグリーン島研修でした。まずは、天気にとっても恵まれました。船着場からBIG CAT号に乗り込みました。陽射しは強かったのですが、外に出て海風をたっぷり浴びながら目的地へ向かいました。グリーン島のどこまでも広がるサファイアブルーの海そして空、全てが絵葉書の中のような世界でした!
それぞれ思いおもいに海へと飛びこんでいきました。眼下に広がるサンゴ礁にみな感動しきりでした。
昼食は、船内ビュッフェ会場にていただきました。日本のカレーライスなどもあり、美味しくいただけました。と言いたいところですが、みな一刻も早く海に戻りたいと食事はそこそこで切り上げ、再び海へ駆けて行きました。しばしスイミングを堪能した後は、グラスボトムボート(底がガラスになっているボート)チームと、シュノーケリングチームに分かれました。
グラスボトムボートチームは、爽やか好青年のクルーの案内で始まりました。先日習ったブレインコーラル(脳みそのような形のサンゴ)を目の当たりにし、みな一斉にシャッターを切りました。色とりどりの熱帯魚の中に、なんと2mほどの巨大魚を発見し興奮しました。皆で一枚のガラスを通し、海底を覗くという貴重な体験ができました。
一方、4名という少ないメンバーで構成されたシュノーケリングチームは、足ヒレとゴーグルを身に着け、海にくりだしました。サンゴ礁や多くの魚を間近に見ることができました。そろそろ引き上げようとしたその時、大きなカメが現れたのです。カメの泳ぎは非常にゆっくりとしていたので、手の届きそうな近さで数十メートル一緒に泳ぐという体験ができました。終わった時にはシュノーケリングチームはヘトヘトになりました。
世界自然遺産グレートバリアリーフの成り立ちや環境保全に対する見識を深め、「ただ海で楽しく遊ぶ」という以上の体験をすることができました。


明日は、久しぶりの学校です。今日の疲れを癒して明日も元気に頑張って欲しいです!

ごきげんよう。