関東学園大学附属高等学校

ニュース&トピックス

2013年3月21日

オーストラリア短期留学の様子(7)

ごきげんよう。
 
久々の学校が始まりました。
昨日のグリーン島研修の疲れが若干残っているようにも見えました。今日はまず、グリーン島で何を見たか、何をしたか、何を食べたかを英語で発表しました。
次にスポーツの名前を勉強しました。おなじみのサッカーやバスケ以外にもセーリングやクリケットと日本ではあまりやらないスポーツもありました。それを「好き」「嫌い」のいろいろな表現を使って発表しました。(like,dislike,love,hate,など)
その後、今回の英語プログラムでは初めて教室を飛び出し、外のエリアに行きました。そこでオーストラリアの歴史が織り込まれた歌詞の歌を歌いました。オーストラリアには先住民アボリジニがずっと昔から暮らしていて、そこにいろいろな民族がやってきて、共に暮らし、今はみんなオーストラリア人だ、という歌詞でした。サビの部分はとてもわかりやすくみんなで一緒に歌うことができました。
その部分だけ紹介しましょう。
We are one, but we are many
And from all the lands on earth we come
We share a dream and sing with one voice:
I am, you are, we are Australian
I am, you are, we are Australian.
シンプルですがグッとくる歌でした。
 
歌の後はダンスをしました。みんなで手をつないで輪になって童心にかえって踊りました。
普段は恥ずかしがってなかなか積極的にできない生徒も、今回の歌とダンスは楽しく
できたようです。
 
午後はバディと分かれての授業でした。
珍しいところでは、技術の授業に参加した生徒がいました。木工だったのですが、ちゃっかり混ぜてもらい自分の分の作品を作り上げていました。
 
明日は朝からシティウォーキングです。いい天気になりますように!
 
ごきげんよう。