関東学園大学附属高等学校

ニュース&トピックス

2017年3月27日

オーストラリア短期留学13日目

 ごきげんよう。今までお世話になったホストファミリーとのお別れの時がやってきました。あっという間の2週間でしたが、食事の様子、家での過ごし方、学校の時間割や授業の雰囲気など、違いや共通点などいろいろなことがわかったと思います。
 特に、自分たちの英語で生活できたことは一番大きな収穫だと思います。中には1年間の留学に挑戦したくなったと言う生徒も出てきました。また、ホストファミリーとのコミュニケーションの中で、行き違いや思いが伝わらない経験をして、もっと英語を勉強しないといけないと本気で思った生徒もいます。
 18人それぞれ感じ方は違うでしょうが、日本では経験できないことを経験したのですから、いい思い出も、失敗したこともすべて日本に持ち帰って、これからの生活や勉強に活かしてほしいと思います。
 さて、ホストファミリーと別れて、生徒たちはケアンズに戻り、船でグリーン島に向かいました。シュノーケルを借りて、ビーチで泳いだり、グラスボートに乗って海の底を見学したりと、英語から解放されて、楽しく遊ぶことができました。心配されたハリケーンも南に向かい、今日は素晴らしい天気です。
 この後、ケアンズに戻り、お土産を買って明日の帰国にそなえます。報告は以上になります。それではごきげんよう。