トップ(関東学園大学附属高等学校)ニュース&トピックス> ニュージーランド短期留学の様子(5)

ニュージーランド短期留学の様子(5)

ごきげんよう。

今日のESOL最初のアクティビティはゴールドマイニングでした。

場所はアロータウンという約150年ほど前にゴールドラッシュで栄えた街です。

そのゴールドはワカティプ湖まで達していたようで、ワカティプ湖底に眠る金塊を求め、多くのダイバーがいたようです。

さて、採金方法を教わり、冷たい川でのマイニングが始まりました。
根気強く水をこすと、そこには金が!!!!

次々と小さな小さな金の粒が見つかりました。

熱中しすぎて、最後にはみんな川の冷たさも忘れてしまいました。

その後、ミュージアムに行きました。
アロータウンの歴史が詳しく説明されていました。
中には昔の街や学校を再現した展示もあり、楽しみながら学ぶことが出来ました。

最後にバンジージャンプのスポットに行きました。
クィーンズタウンは世界最初の商用バンジーが行われた場所です。そんな有名な場所なので次々と人がバンジーしていきます。

本校からも勇敢な生徒が挑戦しました。

帰り道にはくるみ採りを体験しました。
その名もウォールナッツレーン。
今が旬だそうです。

放課後は有志でラグビーをしました。
少し練習したあと、ワカティプ高校のガールズチームと試合をしました。そのチームは今日始めたばかりというのに、ものすごくパワーがあり、男女混合の関学チームですら苦戦していました。しかし国を超えた素晴らしい体験となりました。

明日も晴れると良いな。

ごきげんよう!

▲このページの先頭へ