トップ(関東学園大学附属高等学校)ニュース&トピックス> 【創立50周年事業】男子制服リニューアル!

【創立50周年事業】男子制服リニューアル!

評判の良い女子の制服に合わせて、男子の制服も濃紺の詰め襟になります!

本校は創立50周年を迎えましたが、その記念事業の一つとして、平成21年度入学生から男子制服が変更されることになりました!

本校の制服は、男子は黒の詰め襟で、女子は濃紺のセーラー服ですが、女子の制服が生徒・保護者、地域の方々に好評なため、今回、男子の制服を濃紺に変えることとなりました。

松風祭で、7つのデザイン・試作品が披露されました。

この変更については、メーカー4社から7つのデザイン・試作品が提案され、6月7日(土)に実施された松風祭(文化祭)で生徒がモデルになり、披露されました。
その後、我々生徒や先生方へのアンケート調査や聞き取りが行われ、デザインが決められました。

詰め襟のカラー部分は女子の制服のスカーフと同色です。

新しい制服は、詰め襟のカラー部分が女子制服のスカーフの色(金茶色)になります。また、校章が学年カラー(赤・紺・緑)の上に取り付けてあり、上着はセンターベンツで動きやすくなっています。
さらに、デザインもさることながら撥水加工、丸洗い・ストレッチ素材など最新の生地が使われ、軽くて格段に着心地が良くなっています。

▲このページの先頭へ