スタントマンによる交通安全教室

10月7日(月)14:40~15:30に本校の南グランドにおいて、スタントマンによる交通安全教室を行いました。
最初に時速40kmでの衝撃を見学しました。40kmは遅いと思われがちですが、決してそうではありませんでした。
次に自転車の危険運転の実演が行われました。傘差し運転、音楽を聴きながらの運転、飲酒運転、3人乗り(大人1人と子供2人)の運転、一時停止無視などの危険性を学びました。それぞれの人がルールを守れば、事故を防ぐことができることがわかりました。

運転免許を持っていない高校生は、トラックの死角や内輪差について知る機会は少ないですが、詳細な説明と実演があり理解を深めることができました。
 最後に、生徒支援部の鈴木先生より、「加害者にも、被害者にもならないように」とまとめられ、生徒たちは真剣な様子で聞いておりました。

 

交通安全講話

交通安全講話

時速40kmの衝撃

時速40kmの衝撃

傘差し運転

傘差し運転

音楽を聴きながらの運転

音楽を聴きながらの運転

飲酒運転

飲酒運転

3人乗りの危険性

3人乗りの危険性

一時停止無視による事故

一時停止無視による事故

ルールを守った交通

ルールを守った交通

内輪差による事故

内輪差による事故

スタッフの方々

スタッフの方々

生徒支援部の先生の講話

生徒支援部の先生の講話

▲このページの先頭へ