トップ(関東学園大学附属高等学校)ニュース&トピックス> ニュージーランド大地震に対する義援金のご報告

ニュージーランド大地震に対する義援金のご報告

 2月22日、ニュージーランド南島のクライストチャーチを襲った大地震について、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 関東学園大学附属高等学校は平成14年に同国南島にあるクイーンズタウンのワカティプ高校と姉妹校提携を結んで以来、本校と隔年で相互に短期留学を実施しており、またこの短期留学をきっかけにニュージーランドに長期留学、現地のカンタベリ大学に入学する生徒も輩出するなど、被災地と深い関係にあります。今回の大地震では多数の方々が被災されました。幸い、姉妹校であるワカティプ高校の生徒達およびカンタベリ大学に留学しているクライストチャーチ在住の本校卒業生は無事が確認されましたが、本校では、このたびの地震災害に対し人命救助と早い復興を願い、教職員や生徒会、在校生の有志が立ち上がり、2月24日から28日までの間、校内および校外で募金活動を実施してまいりました。

 

 期間中、募金活動の様子はNHKで放送され(2月27日)、また上毛新聞社の取材を受けるなど、多方面から義援金募集の意義のご理解とご協力をいただきました。

 2月28日までに実施した募金の集計の結果、合計101,772円の義援金が集まりました。 

 3月3日、集まった募金は生徒代表によって、前橋市にある日本赤十字の群馬県支部に届けられました。このときの様子は日本赤十字社群馬支部のホームページに掲載される予定です。大勢の皆様方にご支援、ご協力をいただき大変ありがとうございました。

 

日本赤十字社群馬支部のホームページ

日本赤十字社のホームページ

明和町での募金活動

明和町での募金活動

NHKの取材

NHKの取材

赤十字社 群馬支社にて

赤十字社 群馬支社にて

▲このページの先頭へ