トップ(関東学園大学附属高等学校)ニュース&トピックス> 佐藤交通遺児福祉資金奨学資金のお知らせ【給付】

佐藤交通遺児福祉資金奨学資金のお知らせ【給付】

佐藤交通遺児福祉基金

 佐藤交通遺児福祉基金は、故佐藤彦八氏(群馬県榛名町出身、太陽誘電株式会社創立者)の寄付をもとに昭和46年11月1日に設立されました。

 設立当初より、群馬県内に居住する交通遺児に奨学育英のため給付事業等を行っており、これまでに支援を受けた交通遺児は3,078人になります。

 また、平成23年度から新たに交通安全教育を支援する事業を始めました。交通事故のない誰もが安心して 暮らせる社会が実現することを願い、交通遺児の支援及び交通安全の推進に取り組んでいます。

目的:
交通事故等により扶養者を失い、又は扶養者が重度の心身障害となった未就学児、児童生徒及び学生に対し、一定期間奨学手当の給付等を行い、その自立を助長し、健全な育成を図るとともに、交通安全活動の推進に積極的に取り組み、交通安全意識を高めることにより悲惨な交通事故を防止する。

交通遺児支援事業

交通遺児認定申請手続き:
『交通遺児認定申請書』に次の書類を添付して本基金に申請してください。

 交通事故証明書の写し
 死亡診断書又は身体障害者手帳の写し
 戸籍謄本等の写し
 在学証明書(小学生以上)
 その他必要な書類

  認定に際して家庭の所得状態による制限はなく、また、他の奨学制度等と重複して受給
  することができます。

奨学手当等給付事業

交通事故等により扶養者を失い、又は扶養者が重度の心身障害となった者に対し、奨学手当等の給付事業を行います。
奨学手当等は貸付ではありませんので後に返済していただく必要はありません。

未就学児支援金、奨学手当

(1)給付対象及び給付月額
種 類 対 象 月 額

未就学児支援金 群馬県内に住所を有する満0歳からの未就学児 6,000円

奨学手当 児童生徒

小学生 8,000円

中学生
中等教育学校生(1~3学年) 12,000円

公立 高校生
中等教育学校生(4~6学年)
専修学校生(高等課程) 15,000円

私立 高校生
中等教育学校生(4~6学年)
専修学校生(高等課程) 25,000円

高等専門学校生(1~3学年) 25,000円

学生 自宅 大学生、短期大学生
高等専門学校生(4学年以上)
専修学校生(専門課程)
各種学校生 15,000円

自宅外 大学生、短期大学生
高等専門学校生(4学年以上)
専修学校生(専門課程)
各種学校生 20,000円

 ◎ 交通事故等により扶養者である父母がともに死亡し、又は重度の心身障害となった場合
  は、上記の倍額を給付します。


※1 児童生徒…上記の学校に在籍し、群馬県内に住所を有する満18歳に達する年度までの者。
        特別支援学校生は各区分に含める。
※2 学生…上記の学校に在籍し、本人又は扶養者が群馬県内に住所を有する満20歳に達する
      年度までの者。専修学校、各種学校は修業年限が2年以上のものに限る。


(2)給付時期及び給付方法
   給付は年2回とし、5月及び11月の末日に交通遺児名義の口座にそれぞれ6ヶ月分を振り
   込みます。


入学(進級)祝い金

(1)給付対象及び給付額
   すでに認定交通遺児であり当該年度4月分の奨学手当の給付を受ける資格のある者及び当該
   年度の6月末日までに交通遺児の認定を受けた者に対し入学(進級)祝い金を給付します。

区分金額

小学校、中学校及び中等教育学校への入学 30,000円
高等学校、高等専門学校及び専修学校(高等課程)への入学 70,000円
特別支援学校への入学 70,000円
中等教育学校第4学年への進級 70,000円


(2)給付時期及び給付方法
   5月末日に給付する奨学手当と同時に交通遺児名義の口座に振り込みます。
   当該年度6月末日までに新規に認定された場合は初回の奨学手当と同時に振り込みます。


卒業祝い品

(1)給付対象
   中学校、高等学校、専修学校(高等課程)を卒業する交通遺児及び満20歳に達する年度を
   迎えた交通遺児に対し1回に限り給付します。

(2)給付時期及び給付方法
   3月に交通遺児の届出住所地に送付します。


交流事業

上記の奨学手当等を受給している交通遺児及びその家族を対象に遺児同士、親同士の交流や親子間の絆を深めて
もらえるよう日帰り旅行等を行います。
 

▲このページの先頭へ