トップ(関東学園大学附属高等学校)ニュース&トピックス> 新型インフルエンザ発生に伴う臨時休業(学級閉鎖)措置について

新型インフルエンザ発生に伴う臨時休業(学級閉鎖)措置について

新型インフルエンザ発生に伴う臨時休業(学級閉鎖)措置について

 

 本校の1クラスにおいて先週末から新型インフルエンザ(の疑い)の患者が発生し、本日(10月27日)5人目の患者が確認されました。また、1名が高熱のため自宅で待機していますことから、今後も引き続き、感染者の増加が予想されます。このため、下記のとおり臨時休業(学級閉鎖)措置をとることとしました。今後、当該学級付近のクラス生徒に感染する可能性が高いと予想されますので、各御家庭におかれましても  感染予防に努めていただきますようにお願いいたします。

 

 

1 臨時休業(学級閉鎖)する期間

  平成21年10月27日(火)~平成21年11月3日(火)

     状況により、変更することもあります。

2 健康面についての注意事項

(1)      感染拡大防止のため、登・下校時に他へ寄るなどの行動は差し控えるとともに、緊急時以外は、極力外出は控えて下さい。

(2)      38℃以上の発熱、咳、倦怠感等の症状があり、医療機関を受診する時は、必ず事前に最寄の保健福祉事務所に連絡してから指示のあった医療機関を受診して下さい。

(3)      うがい、手洗いを行い、休養・栄養を十分にとるように心がけ下さい。

(4)      毎朝、検温するなど健康観察を継続して行って下さい。

   (家庭で行う健康記録表を活用して下さい。)

3 問い合わせ先

(1)      新型インフルエンザに関すること。

   館林保健福祉事務所 0276―72-3230

   (最寄りの保健福祉事務所・保健所に連絡して下さい。)

(2)      学校連絡先 (代)0276-74-1213

4 その他

  新型インフルエンザに関して、色々な情報が流れるかもしれませんが、正確な情報に基づき冷静な対応をお願いします。


▲このページの先頭へ