群馬県高等学校等奨学金について【事前告知】

平成23年度群馬県高等学校等奨学金奨学生募集要項
群馬県では、勉学意欲がありながら経済的理由により修学が困難な人に奨学金を貸与し
ます。平成23年度についても6月中旬より奨学生を募集する予定です。

なお、この奨学金は募集人員が20名ですので、あわせて群馬県教育文化事業団高等学校等奨学金についてもご検討下さい。

22年度の募集概要です。
第1 募集概要
1 申請資格
次の(1)から(3)までのいずれにも該当する者であること。
(1)高等学校、中等教育学校の後期課程、高等専門学校の在学者であること。
(2)保護者が群馬県内に住所を有していること。
(3)次の(ア)から(エ)までのいずれかの経済的理由により修学が困難であること。
(ア)生活保護法による保護を受けている世帯に属する場合
(イ)世帯の全員が地方税法第295条第1項の規定により市町村民税を課されない場合
(ウ)世帯の全員が地方税法第323条第1項の規定により市町村民税を減免された場合
(エ)その他、世帯全員の年収の合計が一定の限度額以下の場合
※(エ)の場合の限度額は、生活保護法の規定による保護の基準の例により算定した年額
の1.5倍の額とし、提出書類により群馬県教育委員会事務局管理課で計算の上判定し
ます。1.5倍を超える場合は、不採用となります。
限度額の目安は、前橋・高崎・桐生市在住で3人世帯(父・母・本人、持ち家)の場
合が年収約290万円、4人世帯(父・母・本人・小学生、持ち家)の場合が年収約360
万円です。その他の市町村在住の場合は、限度額は約10~15%低くなります。また、
世帯構成等によっても、この限度額は変動します。
2 他の奨学金との重複禁止
次に掲げる奨学金の貸与を現在受けている人は、申請することはできません。
財団法人群馬県教育文化事業団の奨学金、母子及び寡婦福祉法に規定する修学資金、定
時制課程修学奨励金、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金
3 貸与月額
公立学校(自宅通学) 月額18,000円(独立行政法人の高等専門学校を含む)
私立学校(自宅通学) 月額30,000円
※自宅外通学の場合には、それぞれ月額5,000円が加算されます。
4 貸与期間
平成22年4月から平成23年3月まで(12ヶ月分)

▲このページの先頭へ