full screen background image

ニュージーランド短期留学の様子(9)

2014年03月25日

このページの先頭へ
日次月日(曜)地名予定
1 2014年
3/13
(木)
  • 学校(館林)発
  • 成田空港着
  • 東京(成田)発
  •  
  • 成田空港へ
  • 着後、搭乗・出国手続き
  • 空路、オークランドへ
  • ≪機中泊≫
2 3/14
(金)
  • オークランド着
  • オークランド発
  • クイーンズタウン着
  • クイーンズタウン
  •  
  •  
  • 入国手続き後、オークランドにて乗継ぎ
  • クイーンズタウンへ
  •  
  • クイーンズタウン到着後、学校へ
  • 対面式後、ホストファミリーと各家庭へ
  • ≪ホームステイ≫
3

4
3/15
(土)

3/16
(日)
  • クイーンズタウン
  •  
  •  
  • ホストファミリーと一緒に(終日)
  •  
  • ≪ホームステイ≫
5 3/17
(月)
  • クイーンズタウン
  •  
  • 【School】ESL, Museum, Gold mining
  • ≪ホームステイ≫
6 3/18
(火)
  • クイーンズタウン
  •  
  • 【School】Classes, Quiz, Earnslaw, Farm tour
  • ≪ホームステイ≫
7 3/19
(水)
  • クイーンズタウン
  •  
  • 【School】Classes, Maori culture, Swimming
  • ≪ホームステイ≫
8 3/20
(木)
  • クイーンズタウン
  •  
  • 【School】Classes, Kiwi birdlife park, Gondola
  • ≪ホームステイ≫
9 3/21
(金)
  • クイーンズタウン
  •  
  • 【School】Classes
  • ≪ホームステイ≫
10

11
3/22
(土)

3/23
(日)
  • クイーンズタウン
  •  
  • ホストファミリーと一緒に(終日)
  • ≪ホームステイ≫
12 3/24
(月)
  • クイーンズタウン
  •  
  • 【School】Shotover Jet, Farewell Party
  • ≪ホームステイ≫
13 3/25
(火)
  • クイーンズタウン
  • クイーンズタウン発
  • オークランド着
  •  
  •  
  • 各家庭から空港へ
  • ホストファミリーとお別れし、オークランドへ
  • 着後、オークランド市内見学
  • その後ホテルへ
  • ≪オークランド泊≫
14 3/26
(水)
  •  
  • オークランド発
  • 成田空港着
  • 成田空港発
  • 学校(館林)着
  • 空港へ
  • 出国手続き後、空路成田へ
  • 着後、入国手続き
  • 学校へ
  • ご到着
このページの先頭へ

ニュージーランド(英語: New Zealand, マオリ語: Aotearoa)

歴史

写真世界で最も若い国ニュージーランド。その歴史は約1000年前、南太平洋のポリネシアからマオリの人々がカヌーでこの地に渡って来たことに始まりました。
マオリの人々は部族ごとにマラエと呼ばれる集会場を中心とした集落を作り、農耕と狩猟をして暮らしていました。現在でもマラエは各地に残り、戦いの舞ハカや彫刻といった独自の文化も継承されています。
ニュージーランドに初めてやってきた西洋人はオランダ人航海者のアベル・J・タスマンでした。上陸を果たすことはできませんでしたが、その約100年後の1769年にイギリス人のジェームス・クックが訪れ、それをきっかけに18世紀末頃からヨーロッパ人が移り住むようになりました。
1840年にイギリス政府とマオリの各部族の首長たちとの間でワイタンギ条約が締結され、ニュージーランドは正式にイギリス領となりました。19世紀後半からは鉄道や通信が整備され、1907年にイギリス連邦内の自治領となり事実上独立。その後、太平洋諸国をはじめ様々な国の移民が増え、異文化の融合するユニークな国際国家となったのです。

人々

写真マオリ系、ヨーロッパ系、ポリネシア系、アジア系など、多種多様な民族が暮らすニュージーランドはまさに人種のるつぼです。これほど多彩な文化が混在している国は世界でもあまり例がありません。
現在のニュージーランドの人口はおよそ440万人。自らを「キーウィ」と称する国民のうち、約69%がヨーロッパ系、約14.6%がマオリ系、9.2%がアジア系、6.9%がポリネシア系(マオリ以外)となっています。

言語

写真ニュージーランドを旅していると、英語らしくない地名がよく出てきます。それは、マオリの地名をそのまま正式な地名としている場所が多いから。公用語も英語とマオリ語となっています。国歌斉唱も必ずマオリ語と英語の両方で行われます。

地理

写真太平洋の南西に位置するニュージーランドには、北島と南島の2つの主な島と、スチュアート島ほか多数の小さな島々があります。
壮大な氷河、美しいフィヨルド、険しい山々、広大な平野、うねるような丘陵地、亜熱帯の森林、火山台地、いくつもの砂浜を結ぶ長い長い海岸線・・・そのすべてがここにあります。映画のロケ地によく選ばれるのも、当然と言えるかもしれません。

クイーンズタウン(英語: Queenstown, マオリ語: Tahuna)

ワカティプ湖に面し、周囲をサザンアルプスに囲まれ、四季折々の景観の素晴らしさから「女王にふさわしい」と賞賛されたことが、この街の名前の由来です。世界的に有名な観光・保養地です。

このページの先頭へ
学校名 WAKATIPU HIGH SCHOOL
学校のタイプ 公立校・男女共学校
生徒数 約700名
年齢(学年) Year9~13
所在地 68 Fryer Street, Queenstown
TEL (03) 442 - 7370
FAX (03) 442 - 7261
ホームページ www.wakatipu.school.nz
学校の特徴

約700名の生徒の内約35名が留学生です。現在、ドイツ、タイ、中国、韓国、ブラジルといった国々からの生徒が留学しており、日本からも数名が学んでいます。当校はクイーンズタウンで唯一の高校であるため、周辺に暮らす家庭の子女の殆どがワカティプ高校に進学しています。小さなコミュニティであるため大人の目が良く届き、比較的生徒と学校スタッフの距離が近いのもポイントです。
10段階ある全国学校評価での当校の評価は最高点の10点となっており、約79%が大学に進学しています。「Reach for Your Heights, Say Yes to Learning (Ad Alta)」をモットーとしており、生徒の学習を全力でサポートする他、他者への思いやりを育み、いじめを許さない精神を育てます。
カリキュラムでは、数学・理科・社会・体育といった一般的な教科の他、学年によって選択授業でエレクトロニクス、経済、会計、観光(ツーリズム)、ビジネス、演劇、音楽、アートデザイン、フランス語、グラフィックス、ホスピタリティ、家庭科といった教科を学ぶことができます。

このページの先頭へ