関東短期大学
手乗り金魚


Y課長補佐の掌中の金魚

Y課長補佐の掌中の金魚

  学生サービスセンター課長補佐Yさんの掌中の「手乗り文鳥」ならぬ「手乗り金魚」です。図書館へのアプローチの左側の見事な藤棚の下に池があり、大小約15匹の金魚が泳いでいます。何時もYさんが餌付けしているので、金魚は安心して身を委ねています。 

 金魚の最年長は5年目で最若年は2年目です。季節には見事に咲き垂れる藤の花の下で、またOBの寄贈になる水蓮の花の下で泳ぐ金魚たちは、いつも学生、教職員の目を慰め、癒してくれます。

藤棚の下の池

藤棚の下の池

泳ぐ金魚たち

泳ぐ金魚たち

蠎蝣ア螳、
遏ュ螟ァセ趣スーセ托セ搾セ滂スースシセ(セ奇セ滂スソスコセ晉畑)

http://www.kanto-gakuen.ac.jp/junir/index.htm