関東短期大学

NEWS&TOPICS

2016年1月 8日

【授業紹介】乳児保育Ⅰで沐浴を行いました

お湯加減をしっかりはかって

お湯加減をしっかりはかって

1年生の乳児保育Ⅰの授業で、赤ちゃん人形を使い『沐浴』を行いました。実際の赤ちゃんとほぼ同じ重さの人形、お湯の中で片手で支えたり目や耳に水が入らないよう体を洗う場面では苦戦している学生が多かったようです。また、おむつ交換では布おむつ・紙おむつ両方を行い、それぞれの特徴や利点について理解できたようでした。2月から始まる保育実習では乳児院で実習を行う学生もおり、今回学んだことを実際の現場で少しでも活かせるよう頑張ってもらいたいと思います。

【今回の授業の感想(一部)】

 ・お湯の温度を計ったり、紙おむつを二重にしたり、お湯のかけ方等細かい点に注意しなければならないなと思いました。
 ・沐浴はとても大変でした。しかも新生児では多くのことに気を付けなければならないので、もっとスムーズにできるようにしたいです。施設実習では乳児院に行くので頑張りたいと思います。
 ・5歳下の弟がおり、弟が赤ちゃんの時の記憶で何とかできるかなと思っていたけれど、実際に沐浴をしてみると細かい点に注意しなければ赤ちゃんを傷つけたり、大事故になりかねないということに気がつきました。

体が冷えないように手早くやることも肝心

体が冷えないように手早くやることも肝心

おむつ交換、先生のようにできたでしょうか

おむつ交換、先生のようにできたでしょうか

肌着を着せるのもちょっと大変だったようです

肌着を着せるのもちょっと大変だったようです

赤ちゃんを実際に抱っこした感覚は?

赤ちゃんを実際に抱っこした感覚は?