[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

トップ(関東短期大学)ニュース&トピックス> 松平濱子先生の思い

松平濱子先生の思い

先生立像とご詠歌石碑

先生立像とご詠歌石碑

 学校法人関東学園の建学。それは、大正13年(1924年)、東京都新宿区西新宿に松平濱子先生(1881~1967年)によって開設された「関東高等女学校」に始まります。群馬県佐波郡でお生まれになった先生は、日本女子大学の最初の卒業生で、東京帝國大学(東京大学の前身)が聴講生としてはじめて女性に門戸を開放した際に、最初の女子学生として国文学を修め、女性の地位向上の先端を歩み続けた篤学の才女でもありました。

 その後、学園は着実に発展を遂げる一方、戦争で西新宿の全校舎を焼失したのを機に、人材育成の場を群馬県館林市に移し、昭和21年(1946年)日本最初の短期大学である「関東短期大学」の前身、「関東女子専門学校」を開校しました。自主創造の気風はためくキャンパス。そこで、英知に富み、社会に大きく寄与する人材を育てようとされた創始者濱子先生の精神は、関東短期大学はもちろんのこと、「附属高等学校」(1958年開設)や「関東学園大学」(1976年開校)に受け継がれています。

 石碑には、「おのが身に錦着るより 麗しき若木の桜 育ててしがな」とご詠歌が刻まれ、濱子先生の思いが込められています。学園の教職員一同、濱子先生の思いを胸に刻み、学生、生徒に日々接しています。

濱子先生の立像

濱子先生の立像

第1号館を背景に正面入口右側の立像と石碑

第1号館を背景に正面入口右側の立像と石碑

ご詠歌の石碑

ご詠歌の石碑

▲このページの先頭へ