[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

トップ(関東短期大学)ニュース&トピックス> 講演会「保育者として求められる人材」

講演会「保育者として求められる人材」

講演中の大平トヨ子先生

講演中の大平トヨ子先生

 11月17日(水)午後2時55分から、昭和40年度卒業生の大平(おおだいら)トヨ子先生による「求められる保育者像」の講演会が行われました。 これは同窓会・短大の共催で毎年、すぐれた活動をしておられる卒業生のご講演をお願いしているものです。

 「大平トヨ子」先生は、昭和41年4月東京都江戸川区下鎌田小学校を皮切りに上石神井小、大泉第四小、橋戸小など都内小学校を歴任され、また先生は、ホノルル大学公認応用心理カウンセラー、総合教育研究所認定心理カウンセラーなどの資格をお持ちで、大泉第三小学校相談室で児童の相談に当たられ、 現役で活躍されている方です。

 

 「保育者として求められる人材」は、① すなおで前向き、自ら学べる人、② 傾聴・共感・受容できる人、③ 保育者としての自覚を持ち、コミュニケーション能力がある人、④ 保護者の気持ちを受け止められる人、⑤ 子どもの変化について「どうして」と考える人などである、幼保・小の連携は、相互理解が第一歩である、各種障害児の解説など講話は幅広く行われ、参加した学生達も一生懸命に傾聴していました。

 

 昨年の講師「小渕由利子」先生(沼田恵保育園園長)と仲の良い同級生とのことで小渕先生も参加されました。 大平先生は、沖縄県宮古島のご出身で、講演の合間に美しい島の海岸風景や、昭和40年ご卒業当時の桜並木、講師の同級生のお写真等も写され、学生達は感嘆の声をあげていました。

渡辺敏正学長による   挨拶

渡辺敏正学長による   挨拶

原口市同窓会長による      講師紹介

原口市同窓会長による      講師紹介

聴衆に話かける      大平先生

聴衆に話かける      大平先生

講演風景

講演風景

▲このページの先頭へ