ホーム > 学科紹介 > こども学科 > 「5つの力」 積極的にチャレンジ

積極的にチャレンジしよう。 臆することなく、どんなことにも。

今年の目標のひとつは、「幼児体育指導員検定」の資格をとることです。

幼稚園と保育園、2種類の先生の資格がとれるというのは魅力です。それに加えて就職率の高さ。このふたつが決め手になって、この大学を志望しました。延長保育導入をはじめとする幼稚園の保育園化や教育プログラムを増やす傾向にある保育園の幼稚園化。自分の将来を考えると幼・保の一元化問題に対応した2種類の資格取得は、今後、就職の必須条件になると思います。

人に何か教えることが好きで、それで先生になる道を選んだわけですが、人に教えるときに大切なことは『チャレンジ精神と長所を伸ばすこと』じゃないでしょうか。ほめられると誰だってうれしいし、自然とやる気も出ますよね! 昨年の実習のときに、こんな体験がありました。園児が長縄とびをすることになって、みんなで跳ぶ。最初はいくら練習してもなかなか多い回数が跳べない。そんなとき園児に「だいじょうぶ、じょうずに、とべてるよ、もうちょっとだけがんばってみようか」って毎日声をかけて、そうしたら少しずつとべる回数が増えて、ある日、「せんせい、できたよ、とべたよ、80回!」って。そのときの園児たちのうれしさに輝く顔を見たら、ちょっとグッときました。

ぼくも今年は、「幼児体育指導員検定」の試験に挑戦して資格を取得する。それが目標のひとつです。
 
■Iさん
幼稚園・保育コース
山形県 私立東海大学山形高等学校 出身
こどもと一緒にからだを動かすのが大好きというIさん。入学してよかったなと思うのはどんなこと、と訊ねると、即座にひとこと。「地元群馬などの関東近県はもちろん、新潟、福島、秋田、長野、いろいろな県からの出身者と知り合えて、全国にともだちが増えたことです!」