ホーム > 学科紹介 > こども学科 >「5つの力」 専門性と実践力

専門性と実践力を向上させよう、社会と時代の要請に応えるために。

興味があるのは障害児教育ですね。 高校ではホームヘルパー2級の資格を取得しました。

ピアノが大好きです。3歳から習い始めていまもまだレッスンを続けています。それも自分から親に「ピアノを習わせてください!」と懇願するくらい好きでした。こういうのも実践力のひとつと言っていいんですか(笑)。そしてまた、ピアノを弾きながら小さなこどもといっしょに歌うのが好きなんです。将来の夢は何ですか?と訊ねられるたびに、「幼稚園の先生!」って答えてきました。

高校在学中にホームヘルパー2級の資格を取りました。それは介護という仕事にも興味を持っていたからなんです。親がそちらの関係の職業に携わっているということもありますね。私も将来的にはホームヘルパー1級の資格取得も視野に入れています。幼児と老人。これからの社会が考えなければいけない大切な問題ですよね。入学してからは障害児教育に大きな関心を持つようになって、同じ幼稚園でも、できればそうした園児を預かっている施設で働きたいと思っているんです。ピアノと歌で、音楽の力で、こどもたちをいつも笑顔にしてあげられる、そんな先生になりたいと思います。
 
■Mさん
小学校・幼稚園コース
埼玉県立伊奈学園総合高等学校 出身
Mさんの好きなピアニストはフジ子・ヘミング。彼女は病気で聴力を失い今も左耳の40%しか聴こえない。そのハンデを乗り越えてピアノに向かう。その真摯な生き方とダイナミックな演奏、そこに惹かれると。ちなみに森田さん自身がいま挑戦中なのは「ショパンのノクターン」とか。