トップ(関東学園大学) >学部学科 >経営学科 >ITマネジメントコース

経済学部 経営学科

ITマネジメントコース

どの企業もITを必要とする現代において、ITの知識を身につけ、応用できる人材は必要不可欠です。本コースでは、経営の知識とITの知識、ヒューマンスキルを総合的に身につけ、ITのスペシャリストを育成していきます。

★要チェック★
ITマネジメントコースの日々の様子がわかるブログも、ぜひご覧ください!
関東学園大学 ITマネジメントコース ブログ

コースの学びと特徴
  • 国家資格「ITパスポート」の資格取得支援として、ITパスポートを熟知した講師が授業や課外補習授業を担当します。
  • 経営やITの知識を身につけるだけでなく、コミュニケーション・プレゼンテーション・リーダーシップ・ファシリテーション・交渉力など、様々な角度からヒューマンスキルを育成します。
  • SEやプロジェクトマネージャーとして活躍した経験をもつ教員が、知識と実務を両面から学ぶことのできる授業を行っています。

コースのカリキュラム

関東学園大学の卒業要件単位は128単位。その内、経営学科の必修科目、選択必修科目があり、さらにコースを修了するために必要となる科目があります。経営学科の科目を基本として、さらにITに関する科目を設置しています。 >>> 詳細は科目一覧ページへ

ITマネジメントコース科目例

ITマネジメントコース科目例

 

コースの活動をピックアップ
学生によるパソコン教室の開催1

学生によるパソコン教室の開催2

授業「情報プロジェクト実習」とプロジェクト型授業「学生によるパソコン教室の開催」をご紹介

「情報プロジェクト実習」は、大学での学問にPCをどう応用するか、PCスキルを超えて就職活動や社会に出たとき必要とされる能力を養うことを主眼に置いています。
プレゼンテーション能力、プレゼンテーション構成力、画像処理センス、文書作成力、話術等を身につけ、1年間の最後には「最終プレゼンテーション」として発表会を開催しています。


「プロジェクト型授業」は、コンピテンシー育成のための教育プログラムの一つで、ゼミごとにテーマを設定し、活動します。ITマネジメントコースでは、1・2年生合同で、近隣の住民の方々を対象にしたパソコン教室を年に2回開催しています。
2012年度は、8月に「小学生ネットマナー講座」を、12月に「パソコンでカレンダーを作ろう!」と題した講座を開催しました。企画の立案、教材作り等の事前準備から当日の講師・片付けまで、学生が主体となって活動します。

コースで目指す進路・資格
目指す資格 → ITパスポート試験

ITパスポート試験は、職業人誰もが共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識を測る試験です。経営全般(ストラテジ系)、IT管理(マネジメント系)、IT技術(テクノロジ系)の3つの分野の知識が求められます。本学では授業や課外補習授業で学ぶことができます。

目指す進路 → 一般企業(システム部門 等)、情報通信業(システム開発、WEB開発 等)
コースQ&A
ITパスポート試験以外で取得可能な資格はありますか?

IT関連の資格では、全コースで取得を目指すMicrosoft Office Specialist(MOS)があります。また、ITパスポートの上級資格になる、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験の取得を目指せます。

▲このページの先頭へ