トップ(関東学園大学) >学部学科 >経営学科 >スポーツマネジメントコースについて

スポーツマネジメントコースについて

「スポーツマネジメントコース」の社会的意義と将来へのメリット

スポーツとビジネスを結ぶ新しい学び、「スポーツマネジメントコース」は、今後ますます重要になるスポーツ文化の振興に携わり、スポーツの普及に貢献する人材育成に役立ちます。社会科学の基礎をしっかり学び、その上で、スポーツに多角的な視点からフォーカスを当てスポーツを媒介としたマネジメント能力(経営原理・組織・戦略・マーケティング・情報等)を修得すると、スポーツに関するさまざまな企画運営力も身につきます。履修の科目によっては地域のスポーツリーダーの資格も付与され、将来の新たな活躍フィールドが広がります。

「スポーツマネジメントコース」のカリキュラムとその概要

スポーツ関連の資格取得を前提としたカリキュラムとなっています。
コースの受講者は、各学科で定められたスポーツマネジメントの関連科目群の中から所定の単位を取得します。

*★印は必修科目
一般教育科目( サイエンス科目群)
★スポーツ心理学
心理学の基礎やスポーツとパーソナリティといったスポーツにおける心理なども学びます。このほかに、幼児期・青年期・壮年期のスポーツ心理の変化などについて学習します。
発育発達論
乳幼児期・児童期・青年期・壮年期の基本的動作やスポーツスキルの修得、上達について概説する。
★スポーツ医学
スポーツと健康についての関連性やスポーツ活動に多いケガや病気などの知識を身につけ、対策、予防法などを学習する。
★スポーツ栄養学
アスリートに必要な栄養を効率よく吸収する方法などを学習する。
体力測定法
スポーツ指導者として的確な指導をするために、体力測定の正しい方法を理解し、現場で活用するためのフィードバックの方法を学ぶ。
機能的解剖・運動生理学I・II
運動器(骨・筋肉・呼吸循環器など)のしくみと働きについて概説する。
運動学
体育の授業や数々のスポーツシーンにおける人間の運動を、動きの質的な視点でとらえ分析。学習・指導の実践の場に役立たせる方法論を体得する。
スポーツバイオメカニクス
具体的事例(スポーツや動作)を用いて、身体運動を力学的にとらえる方法を学習する。

*★印は必修科目
基礎科目( サイエンス科目群)
スポーツ実技
ソフトボール・サッカーなどの競技を通じて、投げる・蹴るなどのスポーツスキルを獲得し、将来、こどもたちに教える際に指導できるような実技を身につける。
★スポーツ概論
スポーツの概念と歴史(スポーツの起源)・日本のスポーツ史などスポーツに関する最も基礎となる知識を学習する。
★トレーニング論
トレーニングを実施する際、まず理解しておきたいことの「体力」が挙げられる。体力とは何か。競技者を育成するプログラムについての理念などトレーニングに必要な知識を学習する。
★コーチング論
スポーツを指導する際に大切な知識やスキル、育成プログラムの理念など、スポーツ指導はもちろん、社会人として、部下への指導法としても役立つ「コーチング」について学習する。
トレーニング演習
関東学園大学附属高校で実施している部活動や太田市が実践している「おおたスポーツアカデミー」などで指導者としての実践を行う。
救急法実習
競技実施中におけるケガ・病気などの救急法や患者の運搬、救護についての実習を行う。
フィットネス理論・各種運動
生涯スポーツを含め、健康で活動的な生活を送るために必要な『健康づくり』とは何か。各種の体力テストなどを実習しながら、健康な『自身を育む』ための基礎的理論と実践方法を学習。
スポーツプログラミング実習
(フィットネスプログラミングの実習)

スポーツプログラマーとして必要なスキルを身につけるための実習。スポーツ概論で学習した各段階(子供、壮年、高齢、女性、障害者)に応じたフィットネスプログラムの実習を行う。
エアロビック理論
エアロビックの運動特性や技術の基礎理論を元に、様々なニーズに合わせた「楽しく安全で効果のあるエアロビック指導」ができるための知識を学ぶ。
エアロビック実技
エアロビックの基礎技術を身につけ、基礎段階、初級段階、中級段階を学ぶ。また、チームエアロビックの創作・指導力を身につける。
エアロビック指導実習
エアロビックを指導する上で必要な体力や指導上の技術、動きの確実さを学ぶ。また、対象者、目的別の指導について学び、実際に指導シミュレーションを行う。

*★印は必修科目
専門科目( マネジメント科目群)
★スポーツ政策論
社会の中でのスポーツの役割や地域クラブ(ヨーロッパなど)の実態を例に挙げてスポーツ政策との関係について説明する。
★スポーツ法学
スポーツ法学が直面している諸問題のなかから、諸法規・権利問題等について具体例を取り上げ考察する。
★スポーツ社会学
スポーツが政治や経済・教育・文化の領域に与える影響やスポーツの社会的な意味と価値について概説する。
★スポーツマネジメント論入門
スポーツマネージメントに関して、「チームマネージメント」を中心に、「経営」・「サービス」まで多角的に論じる。
スポーツエコノミクス
スポーツはビジネス化、メディア化、グローバル化が著しく、その経済的な側面が注目されている。この科目ではスポーツと経済の関係に注目しその価値や効果について学習する。
スポーツ統計学
スポーツ統計学の基礎的な理論を理解すると共に、スポーツと統計学の関係や、スポーツの現況分析、今後の予測、方向性などについて考察する。
スポーツ行財政論
行政改革が進むなか、都道府県や市町村では、地域スポーツ、競技スポーツ振興に対してさまざまな政策・施策が講じられている。この科目では、スポーツ行政の仕組みや組織等について概説する。
スポーツマーケティング論
スポーツマーケティングの定義・特徴、基本的な方法・技術、および現状と今後の課題などについて考察する。
スポーツビジネス論
スポーツビジネス(スポーツサービスビジネス、スポーツ用品業界、プロスポーツビジネス、スポーツイベント等)の現状と今後の課題について概説する。
クラブ運営学
スポーツクラブの設立・運営に携わるクラブマネージャーについて理解を深め、クラブ運営に必要となるさまざまな条件を、実際のスポーツクラブでの具体例を紹介しながら学習する。

「スポーツマネジメントコース」履修時の取得可能資格をご紹介します。

卒業時に取得可能な資格
●スポーツリーダー

現在、地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、スポーツ指導に当たっている方や、 これから当たられる方にお薦めの資格です。取得後は競技別指導者資格やフィットネス系資格へステップアップすることも可能です。

受験資格を得られる資格
●スポーツプログラマー

スポーツ指導者として、各個人に適したスポーツプログラムを作成できる資格。地域のスポーツクラブなどにおいて指導やアドバイスを行うことを専門にします。

●エアロビック指導員

地域のスポーツクラブやスポーツ教室などで、個々の年齢や性別などの対象に合わせたエアロビックの基礎的実技指導を行うための資格。

●アシスタントマネジャー

総合型のスポーツクラブにおいて、クラブ員が充実したクラブライフを送ることができるように、クラブマネジャーを補佐、クラブ経営のための諸活動をサポートする資格。

●ジュニアスポーツ指導員

地域スポーツクラブ等において、幼・少年期の子どもたちに遊びを通じた身体づくり、動きづくりの指導を行う資格。

▲このページの先頭へ