トップ(関東学園大学) >学部学科 >アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

アドミッション・ポリシー] [ディプロマ・ポリシー] [カリキュラム・ポリシー(経済学科経営学科)]

1.アドミッション・ポリシーについて

アドミッション・ポリシーとは、本学が入学を希望する皆さんに対して求める意欲、資質・能力に関する考え方です。つまり、関東学園大学には、このような人に入学して欲しいと願う人物像と言えます。このポリシーに基づいて、入試を行い本学で学ぶのにふさわしい能力や資質を判定して選抜します。

2.関東学園大学の建学の精神と教育方針

本学の教育方針は、本学の建学の精神たる「敬和(人を敬い、人と和する)・温順(おだやかで、すなおに)・質実(かざりけなく誠実に)」という品性と自主創造の気風の養成につとめ、教育基本法及び学校教育法並びに私立学校法等に則った教育を行い、専門的知識を修めることによって、学理を究め、応用的展開能力を培い、責任を重んじ、健康な身体、豊かな情操、穏健中正の思想と国際的協調の態度の形成をはかり、それにより地域社会の要望、福祉と文化の向上及び人類の平和に寄与する人間を養成することです。

3.関東学園大学の人材養成の目的

本学経済学部には、経済学科と経営学科があり、各学科は次のような人材養成の目的を掲げています。

(1) 経済学科
経済学の基本的な知識を修得し、社会全体の経済現象を理解し幅広い視点から問題を 発見し解決策を探索できる能力、国際的協調の態度及びコンピテンシーを身に付け、地域社会の要望に応えうる人材を養成することを目的とする。
(2) 経営学科
経営学の基本的知識を修得し、企業やその他の組織体の経営に関わる問題を幅広い視点から解決できるようなマネジメント能力、国際的協調の態度及びコンピテンシーを身に付け、地域社会の要望に応えうる人材を養成することを目的とする。

4.関東学園大学のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本学の入学者選抜においては、多様な試験方式を採用し、学力だけでなく、さまざまな問題を発見し解決策を探求する強い意欲や資質・能力を持った学生を広く受け入れることを、選抜の基本方針としています。

「3. 関東学園大学の人材養成の目的」で述べた人材養成の目的を実現するために、下記のような意欲、資質・能力を備えた人を迎え入れたいと考えています。

  • (1) 本学の建学の精神と教育方針を受け入れ、勉学、スポーツ、地域との連携活動など  多岐にわたる活動を通して、自己を開発し向上させる意欲をもっていること
  • (2) 高等学校において国語、数学、英語、社会などの科目を主に学んでくること
  • (3) 社会に関心を持ち、経済学・経営学を学ぶ意欲があり、将来、地域社会の第一線で活躍したいと希望していること
  • (4) 自ら主体的・積極的に学ぼうという意欲があること
  • (5) 多様な意見を尊重し、他の人と協力して学習や課外活動に取り組めること

▲このページの先頭へ