トップ(関東学園大学) >学部学科 >教員プロフィール -経済学科

教員プロフィール

経済学科] [経営学科] [一般教育] [非常勤

経済学科所属 専門教育担当教員

羽田 亨 (はねだとおる) / 学長兼経済学部長兼図書館長 教授

<担当科目>
財政学総論、経済学入門Ⅱ、観光と経済
<専攻領域>
財政学、地方財政論、租税論
<主要著作・論文>
著作:「公共政策と情報」(八千代出版)、論文:「公的保険の供給における課税の役割について」(三田学会雑誌80巻6号)、「制度改革の実現可能性について」(公共選択の研究第11号)、「地方公共財の分権的供給と外部効果」(関東学園大学経済学紀要第30集第2号)、「地方環境税の税率制限」(財政研究第1巻)、「消費税における金融サービスへの課税について」(三田学会雑誌第101巻1号)、「仕入税額控除制度における特例措置について-95%ルールを中心として-」(関東学園大学経済学紀要第37集)、「消費税における中小事業者に対する特例措置と仕入税額控除制度について-益税の問題を中心として-」(関東学園大学経済学紀要第39集)、その他論文多数
<学位>
経済学修士(慶應義塾大学)
<学歴>
大学:慶應義塾大学経済学部卒、大学院:慶應義塾大学経済学研究科博士課程単位取得満期退学
<メッセージ>
学生生活を通じていろいろなものに打ち込み、たくさんの経験をしてください。

藤原重紀 (ふじわらしげのり) / 副学長 教授

<担当科目> 
刑事政策、フレッシュマンセミナー、ソフォモアセミナー
<専攻領域>
警察法、刑事政策
<経歴>
群馬県警察本部 刑事部長
<メッセージ>
大学は、教養を身につけ人間性を高めるところです。私は実務家として多くの学生を見てきましたが、知識だけを身につけ、生かし方を知らない人が沢山います。社会に出てまごつかないよう、本学で学んだことを社会に生かせるよう、創造性を育む努力をしてください。

林 仁史 (はやしひとし) / 経済学科長 教授

<担当科目>
統計学総論、マクロ経済学、金融論、演習I・II
<専攻領域>
マクロ経済学
<主要著作・論文>
「出生率、死亡率および人的資本」東京都立大学経済学会『経済と経済学』第94号 p.81-99、「先進国と発展途上国の産業構造変化の相違」東京都立大学経済学会『経済と経済学』第92号 p.23-58、「韓国、台湾についての製造業部門別全要素生産性成長率と貿易構造の比較-物的資本、労働投入および人的資本の役割-」東京都立大学経済学会『経済と経済学』第90号 p.87-108
<学位>
修士(経済学)(中央大学)、修士(国際経済学)(横浜国立大学)
<学歴>
(大学)中央大学経済学部卒業、(大学院)中央大学大学院経済学研究科博士前期課程修了(経済学専攻)、横浜国立大学大学院経済学研究科修士課程修了(国際経済学専攻)、東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学(経済政策専攻)
<教育活動等>
課外授業における公務員試験筆記試験指導、面接指導、集団討論指導、春季・夏季公務員試験対策講座を担当。これらの講義で「問題を解く力」を養成するとともに、面接試験や集団討論試験におけるプレゼンテーション能力の向上を企図した指導をした結果、受講生が公務員として採用された。
<メッセージ>
大学では勉強することも大事ですが、部活・サークル活動やアルバイトやボランティア活動などいろいろなことを経験してください。そこで直面する問題を解決できたとき、みなさんは宝物を得たことになるでしょう。

石坂昌弘 (いしざかまさひろ) / 教授

<担当科目>
ぐんまの産業論、地方自治法、社会とビジネスI・II、自治体政策、スポーツ行財政論、フレッシュマンセミナー
<専攻領域>
地方行政
<学位>
経済学士(法政大学)
<経歴>
昭和50年群馬県庁入庁、病院局長、人事委員会事務局長を経て現職
<メッセージ>
現実に起こっている様々な世の中の出来事や動きに対し興味を持って理解できるよう、具体例を取り上げながら授業を行います。

國方敬司 (くにかたけいじ) / 教授

<担当科目>
西洋経済史I・II、経済史I・II、経済史、環境と経済、生活と経済
<専攻領域>
イギリス経済史、環境経済学
<主要著作・論文>
(1)『中世イングランドにおける領主支配と農民』(刀水書房、1993年)。(2)岩本由輝・國方敬司編『家と共同体-日欧比較の視点から-』(法政大学出版局、1997年)。(3)國方敬司・直江眞一編『史料が語る中世ヨーロッパ』(刀水書房、2004年)。(4)國方敬司・永野由紀子・長谷部弘編『家の存続戦略と婚姻:日本・アジア・ヨーロッパ』(刀水書房、2009年)。(5)「イギリス農業革命研究の陥穽」『山形大学紀要(社会科学)』第41巻2号、2011年2月。(6)「イギリス農業革命からみたフェンとマーシュ」東北学院大学『経済学論集』177号、2011年12月。(7)「『大英百科事典』にみる19世紀はじめのイギリス農業」『山形大学大学院社会文化システム研究科紀要』第9号、2012年10月。(8)「イギリス農業革命はどのようにとらえられるべきか―プロザロウ再読―」『山形大学紀要(社会科学)』第44巻2号、2014年2月。(9)「ロック「土地所有権」論と批判の系譜」山形大学歴史・地理・人類学論集』第15号、2014年3月。(10)「ウォータ・メドウズについて」『山形大学紀要(社会科学)』第46巻1号、2015年7月。(11)「ウォータ・メドウズとウェセクス農業革命」 『山形大学紀要(社会科学)』第46巻2号、2016年2月。
<学位>
博士(経済学)(東北大学)、経済学修士(一橋大学)、文学士(東京教育大学)
<学歴>
東京教育大学文学部卒,一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学
<経歴>
三浦新七博士史学研究編纂委員、山形県消費生活審議会委員長、山形地方職業安定審議会委員、省エネルギー地域活動支援事業東北地区選考委員会座長、山形新聞報道審査会委員長、山形女性の活躍推進協議会委員長、「子育てするなら山形県」推進協議会会長、山形県食の安全推進会議委員長、財団法人三浦新七博士記念会評議員、「やまがた集中改革プラン」の推進に関する第三者委員会委員長、「やまがたECOマネジメントシステム」外部評価委員長、山形県環境審議会委員、山形県内水面漁場管理委員会長、山形県子どもの貧困対策・ひとり親家庭自立促進推進委員会委員長、東根市市総合計画策定専門家会議委員、白鷹町まち・ひと・しごと創生総合戦略策定委員会委員長、中山町政策推進会議委員長、河北町まち・ひと・しごと創生総合戦略策定有識者会議委員 など
<教育活動等>
(1)山形県立産業技術短期大学校非常勤講師、(2)山梨大学教育学部集中講義、(3)東北公益文科大学非常勤講師、(4)東北大学経済学部集中講義、(5)東北文教大学(山形短期大学)非常勤講師、(6)福島大学博士後期課程非常勤講師
<メッセージ>
社会現象は単純にみえても、多様な要素が絡まり合っているので、さまざまな観点から検討し理解していくことが大事です。授業でも、物事をさまざまな視点から見ていく力を一緒に身につけていきたいと思います。

永井 薫 (ながいかおる) / 教授

<担当科目>
キャリア実践、安全と経済、フレッシュマンセミナー、ソフォモアセミナー、演習I
<学位>
経営学士(立命館大学)
<経歴>
群馬県警察警備部長、前橋警察署長、生活安全部長
<メッセージ>
この学園で出会えた貴重な縁を大事にするには、相手に何かを望むのではなく、自分の方から相手に豊かな心を与えていくことが大切です。勉学に励むとともに、沢山の友人を作って実りある大学生活としてください。

中村正明 (なかむらまさあき) / 教授

<担当科目>
観光まちづくり論、地域経済デザイン論、日本食文化論、6次産業化論、フィールドワーク研究I・II、フレッシュマンセミナー、ソフォモアセミナー
<専攻領域>
農業経済学、地域活性化
<学位>
農業経済学士(東京農業大学)
<経歴>
東京農業大学客員研究員、東京情報大学客員研究員、城西国際大学観光学部非常勤講師、一般社団法人日本食文化機構代表理事
<メッセージ>
“地域を元気にする”ために、地域の大切な資源をいかし、「“食と農”・観光・地場産業」の3本の柱をテーマに、ソーシャルビジネスのデザインを学びます。

竹村奉文 (たけむらともふみ) / 教授

<担当科目>
地域政策論、公共経営論、インターンシップ実習(短期)、インターンシップ実習(長期)、ソフォモアセミナー
<専攻領域>
地方創生論
<学位>
理学学士
<経歴>
松山市職員として36年間奉職
<教育活動等>
地域の互助機能をいかしたスウェーデンの介護(聖カタリナ大学で講演)、地域コミュニティの活性化について(愛媛県公民館連合会で講演)、18歳選挙権について(松山大学で講演)
<メッセージ>
公共の仕事に就く意義を理解していただき、使命感をもって公務員を目指していいただきたい。

山根聡之 (やまねさとゆき) / 講師

<担当科目>
経済政策総論、経済学史、イギリス史A・B、外国史、フィールドワーク研究Ⅰ、ソフォモアセミナー、演習I
<専攻領域>
経済学史、西洋経済史、経済政策史、金融理論史
<主要著作・論文>
山根聡之 「統治と信用――ウォルター・バジョットの思想――」 博士学位論文(経済学)(一橋大学)
山根聡之(2003)「『ロンバード街』における「高貴な部分」―ウォルター・バジョットの政治経済思想を総合する試み―」『一橋論叢』日本評論社, 130巻6号。
山根聡之(2005)「バジョット『ロンバード街』における信用―『自然学と政治学』との関連から―」『一橋論叢』日本評論社, 134巻6号。
山根聡之(2006)「「終章 人物録」ほか」小峯敦編『福祉国家の経済思想―自由と統制の統合―』ナカニシヤ出版。
山根聡之(2007,2010)「バジョット―民主主義と世論―」小峯敦編『福祉の経済思想家たち』ナカニシヤ出版。
<学位>
博士(経済学)(一橋大学)、 修士(経済学)(大阪市立大学)
<学歴>
(大学)和歌山大学経済学部、(大学院)大阪市立大学大学院経済学研究科前期博士課程修了、一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得
<メッセージ>
大学生活を楽しみましょう。時に、自分が大学で何を学び、何をやり、何を達成するのか、悩むこともあるかもしれません。いろいろな体験をして下さい。視野と見識を広げるために、いっしょに学び、考えましょう。

長谷川雄哉 (はせがわゆうや) / 講師

<担当科目>
ミクロ経済学応用、産業組織論、情報基礎実習、公共政策論、演習I・II
<専攻領域>
産業政策論(情報産業における競争政策)
<主要著作・論文>
抱き合わせへのエンフォースメントと消費者の利便性 マイクロソフト,グーグル,アップル」(学位論文)(2016年12月)
「ソフトウェア産業における変化と新たな問題」(日本経済政策学会 第73回全国大会 自由論題発表)(2016年5月)
「マイクロソフト社の事例からソフトウェア産業の競争政策を考える」(日本経済政策学会 第72回全国大会 自由論題発表)(2015年5月)
「The competition policy in the IT industry is considered from the Microsoft lawsuit.」(日本経済政策学会 第71回全国大会 自由論題発表)(2014年5月)
<学位>
博士(経済学)(神戸大学)
<学歴>
同志社大学経済学部 卒業、同志社大学大学院総合政策科学研究科 博士課程前期課程 修了、神戸大学大学院経済学研究科 博士課程後期課程 修了
<教育活動等>
大学におけるキャリア支援に携わり、国内・海外で活躍する学生を幅広くバックアップ。情報技術(ICT)分野にも明るく、コンピュータを利用することによる問題解決に長けています。
<メッセージ>
大学で過ごした時間、そこで得られた知識が人生で役に立つよう、みなさんが考える力を身に着けることを応援します。何事も挑戦です、わからないことがあればまずは相談してください。お会いできることを楽しみにしています。

岩本千晴 (いわもとちはる) / 講師

<担当科目>
社会保障論、経済事情、マクロ経済学応用、フレッシュマンセミナー、演習I
<専攻領域>
公共選択、医療経済学、地方政府の政策決定行動
<主要著作・論文>
「自治体の医療費助成事業にみる助成金による財政の垂直的外部性―乳幼児医療費助成制度を中心に」『公共選択の研究』54号,pp41-54,2010年
「地域間福祉競争理論の再考―Race-to-the-bottomの存在について―」『大学院研究年報(総合政策研究科篇)』(中央大学)16号,pp19-38,2012年
<学位>
博士(総合政策)(中央大学),修士(経済学)(ボストン大学),学士(経済学,心理学)(ボストン大学)
<学歴>
2017年 中央大学 総合政策研究科 総合政策専攻博士後期課程 修了
1992年 ボストン大学・大学院 経済学部 卒業
1992年 ボストン大学 経済学部・心理学部 卒業
<メッセージ>
いろいろな経験をして、たくさん悩んで、たくさん考えてください。あとから振り返ってそれが財産になります。

池田亮一 (いけだりょういち) / 講師

<担当科目>
経済学入門I、経済とライフプラン、公共経済学、労働経済学、ソフォモアセミナー、演習I
<専攻領域>
労働経済学、公共経済学、社会保障論
<主要著作・論文>
池田亮一(近刊)「税制改正と摩擦的失業」『日本経済研究』
池田亮一(2016)「失業給付と子ども数」『社会保障研究』第1巻第3号
池田亮一(2012)「育児支援は子ども数を増やすか?失業を考慮したアプローチ」『季刊社会保障研究』第48巻第2号
池田亮一(2011)「育児支援と非自発的失業」『計画行政』第34巻第3号
<学位>
博士(応用経済学)(大阪大学)、修士(経済学)(大阪大学)、学士(法学)(大阪大学)
<学歴>
大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
<メッセージ>
専攻は労働経済学、公共経済学ですが、公共政策コース(警察・消防)担当ですので、警察や消防の研究・教育もできたらいいなと思っています。みなさん一緒にがんばりましょう。

田場弓子 (たばゆみこ) / 講師

<担当科目>
ミクロ経済学、国際経済学、国際金融論、ソフォモアセミナー、演習I
<専攻領域>
国際貿易
<主要著作・論文>
Optimal Product R&D Policies with Endogenous Quality Choices and Unilateral Spillover, 2016, The B.E. Journal of Economic Analysis and Policy, Vol.16, pp.365-391.
Product R&D Investment Policies in an International Duopoly, 2016, Review of Development Economics, 20(2), 574-582. (with Yasunori Ishii)
State Trading Enterprises vs. Trade Policies for Domestic Policy Objectives, 2013, Waseda Journal of Political Science and Economics, No.386(with Kazuharu Kiyono,)
<学位>
博士(経済学)早稲田大学
<学歴>
早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程応用経済学修了
<メッセージ>
学業、スポーツ、アルバイト、どのようなことでもいいので深く探究し、充実した4年間を過ごしてください。

▲このページの先頭へ