アドミッションポリシー(経済学研究科)

関東学園大学大学院の

アドミッションポリシー

関東学園大学大学院は、本学の建学の精神(*)および教育方針(**)を受け入れ、学部における一般的及び専門的教養の基礎、さらに、社会における実務経験の上に、高度な専門知識を身につけ、 地域社会および国際社会で大きく貢献できる専門的職業人を目指す学生を求めています。入学者選抜においては、一般・外国人留学生選抜方式及び社会人選抜方式の二つの選抜方法を採用し、広い視野に立ってより深い学識を修得する強い意欲や資質を持った学生を広く受け入れることを、選抜の基本としています。

経済学研究科の

アドミッションポリシー

経済学について広い視野に立ってより深い学識を教授研究し、専攻分野における理論と応用の研究能力を培い、又高度の専門性が求められる職業を担いうる人材を養成することを目的としています。各専修科目において高度な専門的知識を修得し、国際的協調の態度を身につけ、地域社会の現実的要請に応じることのできる実践力のある人材を養成したいと考えています。


経済学研究科の求める学生像
・高度の専門的職業人を目指しており、専修科目において深く専門的知識を学びたい人
・経済学における高度な専門的知識を修得して、職業人として国際的に活躍したい人

*建学の精神
敬和(人を敬い、人と和する)・温順(おだやかで、すなおに)・質実(かざりけなく誠実に)の品性と自主創造の気風の養成に努めること。

**教育方針
建学の精神のもとに、専門的知識を修めることによって、学理を究め、応用的展開力を培い、責任を重んじ、健康な身体、豊かな情操、穏健中正の思想と国際的協調の態度の形成をはかり、地域社会の要望、福祉と文化の向上および人類の平和に寄与する人間を養成する。

▲このページの先頭へ