関東学園大学

ニュース&トピックス

2014年12月19日

経営者等の特別講話を開催(第7回)

 12月8日(月)「中小企業論」(長谷川講師)の授業内で、有限会社農園星ノ環代表取締役社長 星野高章様に講話を行っていただきました。

 

 有限会社農園星ノ環は2005年に起業、昭和村・前橋市にて主に高原野菜の露地生産を行っています。

 「農から生まれる喜びの種を蒔き続け その実りを共有する」を経営理念に掲げ、イベントの実施や外国人実習生を積極的に受け入れて日本の農業を世界に発信するなど精力的な活動をしている農園です。

 

 講話では、学生に「どんな仕事に就きたいか」を聞きながらご自身の大学時代に就職などに悩んでいたことや、家業を継いでから卸売先や農業体験に来たお客様からニーズを探ることにより積極的に農業にかかわるようになった経験談、「ドリームプランプレゼンテーション2010世界大会」にて行ったプレゼンの再現、ご自身と同じ農家三代目の世代との交流や「世界農業ドリームプラン・プレゼンテーション」を国内で開催するなど日本農業の発展への様々な活動を話してくださいました。

 外国人実習生を中国、来年春からはインドネシアからも受け入れ、日本の農業を広めると共に自国へ帰ってから生計を立てられるシステムの形成に取り組み、「野菜と一緒に人が育つ農場」と事業を再定義し、更なる活動を続けていくそうです。

 最後に「どんな仕事でも仕事に対する姿勢で自分もまわりの人も変わる」という話をされました。学生が社会に出ても是非覚えていてほしいと思います。

  

ご多忙中にも関わらず、講演くださいました星野様に厚く御礼申し上げます。