人工芝サッカー場起工式が執り行われました!

起工式の様子①

起工式の様子①

3月6日(水)に人工芝サッカー場改修・整備工事に先駆け起工式が開催されました。
関東学園大学では、4月15日(月)の完成予定で、遮熱性に優れた人工芝サッカー場を開設予定です。
起工式は工事の無事と完成後の安全を祈願し、冠稲荷神社様の下、執り行われました。
来賓として、清水聖義太田市長の他、太田市サッカー協会会長 稲葉征一様、太田市商業高校校長天田比呂志様、上毛新聞社東毛総局長 山脇孝雄様、藤阿久本村区長 新島敏明様、由良体宮区長 青木進様、細谷区長 金谷義雄様、関東学園大学後援会ご関係者の皆様、関東学園大学ハイツ連絡協議会の皆様方をお招きし、早春の晴天が広がる中つつがなく開催されました。
完成後は、群馬県初のJFAサッカー協会公式認定サッカー場となる予定であり、地域貢献の一環として、市民の方々への開放も予定しております。
「ヤングなでしこ」U-20に選出された中村ゆしか選手を有する本学の女子サッカー部は全日本大学女子サッカー選手権大会ベスト8の実力を誇り、男子サッカー部も関東大学サッカーリーグ1部昇格を目指し日々練習に励んでいます。
人口芝サッカー場完成後は4月20日(土)に完成記念式典も予定しております。
人工芝サッカー場が、広く地域に愛されるものとなる様、上林邦充学長始め教職員全員が工事の無事を願いました。

起工式の様子②

起工式の様子②

起工式の様子③

起工式の様子③

▲このページの先頭へ