関東学園大学

ニュース&トピックス

2018年10月16日

プロジェクト型授業のなかで、JA太田市の営農部を取材しました。

 地域経済デザインコースの3年生ゼミ(演習Ⅰ)では、プロジェクト型授業の取り組みとして、6次産業化による太田市の活性化研究に取り組んでいます。


 このプロジェクトは、6次産業化の視点から地元発の食と農の新しい価値づくりを目指し、地域活性化につながる「さつまいも」の新たな商品を試作開発することを目的としています。


 2018年10月11日に、JA太田市さまのご厚意で、太田市における農業の現状と課題、そして地域の農業の展望について、地検とデータにとどまらず、実践的な取り組みをまじえたお話をうかがうことができました。ご多忙のところを、今回の調査研究のためにご協力くださったJA太田市営農部の皆様に、厚く御礼申し上げます。


 今回の取材調査をもとに、プロジェクト研究をさらに発展させてまいります。なお学生による一連の調査分析や成果は、「プロジェクト型授業・学生プロジェクト研究成果発表会」(2019年1月23日(火)実施)のなかで報告される予定です。

レポートはこちらをご覧ください。