平成26年度 コンピテンシーリーダー賞受賞者の表彰が行われました!

 平成26年度コンピテンシーリーダー賞の表彰が行われ、受賞した 公務員コース3年 武井 祐樹さんに表彰状と副賞が贈られました。

 

 「コンピテンシー育成プログラム」では、6つのコンピテンシーを向上させるための年間教育プログラムに参加した学生に、ポイントが付与されます。

 コンピテンシーリーダー賞は、年間教育プログラムに積極的に参加し、コンピテンシーの向上に努め、年間で1番多くのコンピテンシーポイントを取得した学生に贈られる賞です。

 武井さんは2年連続で受賞しました。学内行事や資格の取得、地域イベントなどに積極的に参加し、24ポイントを取得しました。

 コンピテンシー育成プログラムについてはコチラ

 今回、武井さんに感想を聞きました。

Q.受賞した感想は?

 昨年度は多くの活動を行いました。主な活動としてはPRism(プリズム:学生広報チーム)と落語研究会の2つです。コンピテンシーポイントのために活動していたわけではありませんが、いろいろなところでボランティアなどの活動をしてきた結果、受賞することができました。

 

Q.印象に残っている活動は?

 PRism(プリズム)の活動では、オープンキャンパスの企画から本番に至るまでの運営すべての計画を立てて実行するのが大変でした。落語研究会でも同じで、高齢者介護施設や老人会に呼んでいただいて公演をするのですが、企画を立て、どのようなネタをするのかを決めたり、メンバーの予定や日程の調節をしたりするのが大変でした。

 

Q.今後の抱負は?

 今年も昨年に引き続き、それ以上に、いろいろな活動を頑張っていきたいです。具体的には、6つのコンピテンシーの内の「表現力」と「論理的思考能力」を伸ばしていきたいと考えています。新しいことも見つけて、チャレンジしていきたいと思います!

表彰式の様子①

表彰式の様子②

▲このページの先頭へ