平成29年度 コンピテンシーリーダー賞受賞者の表彰が行われました!

 平成29年度コンピテンシーリーダー賞の表彰が行われ、受賞した 経済学科 公共政策コース 4年 岡村 竜輝さん(写真中央左)、同じく近藤 晃佑さん(写真中央右)に表彰状と副賞が贈られました。

 「コンピテンシー育成プログラム」では、6つのコンピテンシーを向上させるための年間教育プログラムに参加した学生に、ポイントが付与されます。

 

⇒「コンピテンシー育成プログラム」についてはこちら

 

 コンピテンシーリーダー賞は、年間教育プログラムに積極的に参加し、コンピテンシーの向上に努め、年間で1番多くのコンピテンシーポイントを取得した学生に贈られる賞です。両名は24ポイントを取得し、岡村さんは2年連続での受賞、近藤さんは初めての受賞となりました。

 

 表彰式では、齋藤 大二郎学長から「いろいろな人を巻き込む力をつけ、自分だけでなく次の代に活動をつなげられるよう意識して行動してください」と激励されました。

 今回、それぞれの活動について話を聞きました。

 

■岡村さん
 現在私が所属している太田市の上州太田焼そばEnJOY麺berS(市民ボランティア団体)での活動を軸として、大学でサークルを立ち上げ活動を行ってきました。軽音楽部やダンス部など他サークルとも連携して地域イベントでパフォーマンスを行っていただくなど、関東学園大生のアピールにつなげられるような企画も行いました。同じ志を持つ仲間ができ、一緒に活動していく中でリーダーシップを向上させることができたと思います。

 

■近藤さん
 学生広報チームPRismでの活動は、私を大きく成長させてくれました。大学のオープンキャンパスや進学説明会では高校生の前でキャンパスライフ紹介をさせていただき、表現力を磨くことができました。多くの高校生と関わることで、コミュニケーション能力も大いに鍛えられたと思います。また、H29年度はチームの代表を務め、リーダーシップを身に付けることもできました。さまざまなことを学ばせていただいたPRismには大変感謝しています。

 

 岡村さん、近藤さんおめでとうございました。今後の活躍に期待しています。

▲このページの先頭へ