経営者等の特別講話を開催(第3回)

 6月30日(月)「中小企業論」(長谷川講師)の授業内で、株式会社、ミツバ環境分析リサーチ 調査・ソリューション部部長 石川智治様に「働くことの意義、学生生活を考える」をテーマに講話を行っていただきました。

 

 株式会社ミツバ環境分析リサーチは、環境測定、調査・解析、ISOコンサルティングの専門の企業です。半世紀にわたる自動車部品製造で培われた環境技術・品質・材料技術・分析技術だから経営支援ができる会社だと伺いました。

 

 石川様は本学の卒業生で、現在とは別の会社へ就職され、前の会社での経験が今日の自分に育てあげてくれたと熱く語られました。今の会社では文系卒業ながらも理工系出身者が多くいる部署へ配属となり、理工系出身者には負けまいと現場経験と独学で数々の資格を取得されました。講話は、学生が抱えている不安に答えたいという石川様の要望を受け、質疑応答の時間も十分に設けました。

 

 講話は、社会人としての実際の経験を基に働く事の意義と企業人としての心構えは、「20代は失敗と何事にも挑戦」・「感謝を忘れずに」・「会社の歴史を学んで欲しい」と3つの言葉の意味をお話いただきました。特に、中小企業でしか経験できない事が大きく自分を育てることや自らのミスから教訓を学び自分に誇り、自信を持つことが大切であるとのお話が印象的でした。

 

 ご多忙中にも関わらず、講演くださいました石川様に厚く御礼申し上げます。

▲このページの先頭へ