経営者等の特別講話を開催(第1回)

 

10月15日(火) 「中小企業論」(長谷川講師)の授業内で、株式会社ミツバ環境分析リサーチ 調査・ソリューション部 次長 石川智治様に講話を行っていただきました。

 

石川様は本学の法学部法律学科を卒業され、就職氷河期と呼ばれていた時代に就職されました。そうした経験を元に就職が難しいといわれている今の時代を生きる学生へエールを送ってくださいました。

 

 

石川様は本学卒業後に現在とは別の会社へ就職され、法律学科卒業ながらも理工系出身者が多くいる現場制作の部署へ配属となり、理工系出身者には負けまいと現場経験と独学で数々の資格を取得されました。自己啓発の時間がどれくらい取れるかが重要であり、文系理系は関係ないと断言されていました。現在の職場でも理工系出身の方が多く在籍されていますが、石川様は学校で学んだことと仕事で活かせる知識は違うということを新入社員に教えてらっしゃるそうです。

 

最後に、これから社会へ出る学生たちへのメッセージとして、「20代は何事にも挑戦」、「感謝を忘れずに」、「会社の歴史を学んで欲しい」と3つの言葉を送られました。また、会社選びのポイントとしてホームページや説明会ではわからない部分をしっかりと確認して、自分に合った会社に入社して欲しいと述べられました。

 

ご多忙中にも関わらず、講演くださいました石川様に厚く御礼申し上げます。

▲このページの先頭へ