トップ(関東学園大学)ニュース&トピックス>特別授業「食品衛生について」を実施しました

特別授業「食品衛生について」を実施しました

7月14日(木)、観光ホスピタリティコースの選択必修科目である「外食産業論」(担当 芳中准教授、2年次開講科目)の授業で、「食品衛生について」をテーマに、元群馬県食品衛生担当職員の奥野英俊氏による特別授業を実施しました。

 

現在、話題となっている放射能に汚染された牛肉が、なぜ市場に出回ったことがわかったのか、また、O157、0111、ノロウイルスの感染を防ぐ方法など、私たちの日常生活で役立つことをお話いただきました。

 

学生たちは手洗いの大切さ、食品加熱の大切さを、改めて理解できたのではないでしょうか。

特別授業の様子

▲このページの先頭へ