トップ(関東学園大学)ニュース&トピックス>群馬県初の日本サッカー協会公認サッカー場の完成!

群馬県初の日本サッカー協会公認サッカー場の完成!

関東学園大学では、群馬県内初となる日本サッカー協会公認の人工芝サッカー場の竣工記念式典を4月20日(土)に実施しました。

完成した人工芝サッカー場は、黒ゴム粒と硅砂が充填した土壌の上にロングパイルを使用したもので天然に近い仕上がりとなっています。また、葉本体は「遮熱対策対応」タイプとしているので、夏時期にも5~6℃芝上温度が低く抑えられ、夏の練習が快適にできるようになっています。

 

完成記念式典では理事長、学長を始めとする大学関係者及び太田市長、警察本部長、東部県民局長等のご来賓120人参加の下、最初に冠稲荷神社宮司様による竣工祭が執り行われました。次いで理事長、学長、ご来賓である清水聖義太田市長、群馬県警察本部本部長 嶋﨑 郁様、群馬県東部県民局局長 木田 仁様、太田商工会議所会頭 正田 寛様、群馬県教育委員会教育長 岡田 孝夫様、関東学園大学後援会会長 星野 美千代様、太田市サッカー協会会長 稲葉 征一様によるテープカットを行いました。

パーティー会場では、市長代理の岡田教育長から「地元地域の子ども達の育成に役立てて欲しい」と激励をいただき、群馬県警察本部長 嶋﨑様からは「警察・消防コースの新設により、体力・気力・知力を備えた人材育成を期待する」と激励を頂きました。

 

今後は小中高生を対象にサッカー場を無料貸し出しするなど、ジュニア育成と地域貢献活動にも積極的に取り組んでいくこととしています。

人工芝サッカー場が、広く地域に愛されるものとなる様、完成の無事・繁栄を願いました。

 

竣工祭の様子

竣工祭の様子

祝賀パーティーの様子①

祝賀パーティーの様子①

祝賀パーティーの様子②

祝賀パーティーの様子②

関東リーグの様子

関東リーグの様子

サッカークリニックの様子

サッカークリニックの様子

U12交流戦の様子

U12交流戦の様子

▲このページの先頭へ