トップ(関東学園大学)ニュース&トピックス>外国人留学生が群馬県特産のこんにゃくを試食・アンケート協力

外国人留学生が群馬県特産のこんにゃくを試食・アンケート協力

群馬県農政部蚕糸園芸課の方よりこんにゃくに関する講義を受ける様子

群馬県農政部蚕糸園芸課の方よりこんにゃくに関する講義を受ける様子

◆12月9日(木)、群馬県農政部蚕糸園芸課と県内こんにゃく生産者・製造業者からの依頼により、本学の外国人留学生が県特産のこんにゃくを試食し、アンケートに協力しました。

◆このアンケートは、生産量が国内90%のシェアを誇る群馬県のこんにゃくを、今後アジア圏に輸出する際の手掛かりにするために実施され、本学の中国、台湾、韓国、ネパール、ブラジル(日系)の留学生が協力しました。

◆試食の前に県の担当者よりこんにゃくに関する講義(歴史、生産、特徴、機能・効用など)を受け、理解を深めた上で留学生は真剣にアンケート回答していた様子でした。

◆本学留学生に留学先の群馬で地域貢献の機会を提供してくださったことに、県およびこんにゃく生産者・製造業者の皆様に感謝申し上げます。

こんにゃく製造者から説明を聞きながら試食する留学生

こんにゃく製造者から説明を聞きながら試食する留学生

前橋市の福州飯店の料理長によるこんにゃくを使用したメニューが並びました

前橋市の福州飯店の料理長によるこんにゃくを使用したメニューが並びました

中華の本格的な味付けメニューは大好評!

中華の本格的な味付けメニューは大好評!

試食のあとアンケートに記入する様子

試食のあとアンケートに記入する様子

▲このページの先頭へ