【男女ソフトボール部】Matsuida Capの結果を学長に報告

 

4月19日(土)、20日(日)に行われた「峠のまち」Matsuida Capで、女子ソフトボール部は優勝、男子ソフトボール部は準優勝と好成績をおさめました。年度初めにすばらしい成績を残した両チームが、4月22日に学長へ大会結果を報告しました。

 

まず学長から「おめでとうございます。」とお祝いの言葉があり、その後両チームの監督から結果の報告を行いました。

 

女子部の山田監督は「強豪チームが集まる中、対戦相手を決める抽選にも恵まれて、なんとか優勝することができました。」と報告。男子部の柳原監督は「予選は1位で通過しましたが、決勝では残念ながら負けてしまいました。しかし、選手はみんな頑張ったと思います。」と選手たちへの労をねぎらいました。

 

学長は「新年度早々よいニュースで非常にうれしく思っています。幸先のよいスタートが切れたと思いますので、インカレなどでよい結果を残せるよう日々精進なさってください。」と両チームを激励されました。

 

 Matsuida Capは強豪チームも集まる、シーズン最初の大会です。ここで好成績を残せたことはこれから行われる様々な大会に向けてよい弾みになったと思います。

 

今後とも、男女ソフトボール部の応援よろしくお願いします。

 

▲このページの先頭へ