【男女ソフトボール部】インカレ結果報告会

 

第48回全日本大学男子ソフトボール選手権大会ベスト8の男子ソフトボール部と、第48回全日本大学女子ソフトボール選手権大会ベスト16の女子ソフトボール部の、インカレ結果報告会を9月19日関東学園大学ソフトボール場で開き、優秀な成績をおさめた両チームに称賛の声があがった。

 

男子ソフトボール部は、大学チャンピオンの日体大に善戦、全国大会初のベスト8。
女子ソフトボール部は、関東大学チャンピオンの山梨学院大に善戦、全国大会ベスト16。

 

男子ソフトボール部 柳原監督は「選手は大健闘ではないかと思う。4年生を中心に皆で頑張った結果ベスト8まで到達することができた。大学からも応援をいただき、ありがとうございました。」と語った。

 

女子ソフトボール部 佐々木キャプテンは「インカレではベスト16。全日本総合選手権大会では、実業団と対戦し、敗退してしまったが、良い経験になったと思う。皆さまの応援ありがとうございました。」と全日本総合選手権大会の結果もあわせて、報告を行った。

 


上林学長は「日頃の練習の成果を発揮し、見事な成績をおさめ、おめでとうございます。今大会の成績につきまして、ともに喜びたい。各選手は体験を重ねられ心身ともに成長されたくましくなって帰ってこられたと思う。この経験を貴重な財産として、これからもさらに精進を重ねていって欲しい。」とあいさつした。

 

応援ありがとうございました。

 

▲このページの先頭へ