トップ(ヴェルボトナル言語教育研究所)ヴェルボトナル法講習会>平成19年度の様子

ヴェルボトナル法講習会

平成19年度ヴェルボトナル法講習会のご案内

ヴェルボトナル研究所では、毎年夏にヴェルボトナル理論と実技の講習会を実施しています。今夏も、7月26日(木)~28日(土)の3日間、ヴェルボトナル研究所において第10回目となるヴェルボトナル法講習会を実施しました。

日程 平成19年7月26日(木) ~ 28日(土)
場所 ヴェルボトナル研究所
対象
  • ●聾学校、難聴学級、ことばの教室等教員
  • ●言語聴覚士
  • ●保護者
講演会 テーマ 『聴き取り訓練』
講師 関東学園ヴェルボトナル言語教育研究所  原田 英一
講習概要 ヴェルボトナル理論について耳科学、脳神経科学、音声学、言語学などを基に説明し、また実技指導について、残存聴力の活用、体感振動(運動感覚や触振動感覚)の利用法を実技を交えてご説明しました。
参加者 教師(ことばの教室) 2名、保護者 16名、子ども 9名、短大教員 1名の計28名にご参加いただきました。

講習の様子

写真は聴き取り訓練の様子です。
ヴェルボトナル法を知るためには、やや込み入った脳の働きなどの知識も身につけなければなりませんが、参加者全員が熱心に耳を傾け、実際の指導にも積極的に参加してくださいました。 また、子どもたち(幼稚園児~中学生)も、指導技法の説明の際に笑顔で協力してくれ、和やかな家庭的な雰囲気の講習会となりました。

イメージ

イメージ

イメージ

参加者の声

本当に感謝感謝の3日間でした。理論もとてもわかりやすく説明してくださり、今まで疑問だったことも少しはわかったように思います。

ヴェルボトナルの方法は子どもにも理解しやすいのではないかと思いました。力の抜き方、入れ方で発音が驚くほど変わることがわかりました。今まで言語獲得と発音・発声を切り離して考えていましたが、発音の向上が聴き取りの向上にもつながるということ、勉強になりました。

聾学校やその他の施設での指導とはまったく異なり、違った角度からの指導は、子どもにとっても有効だと思います。親にとっても今までに聞いた経験のない内容で、理論的にもわかりやすく、大変勉強になりました。

連絡先

  • 関東学園 ヴェルボトナル言語教育研究所
  • 〒374-8555 群馬県館林市大谷町625番地
  • TEL: 0276-74-9847(直通)
  • FAX: 0276-74-1214
  • E-mail:ヴェルボトナル言語教育研究所メールアドレス
  • ※不在の場合は、関東学園事務局へ TEL: 0276-74-1211(代)

Acrobat Reader(無料)

PDFファイルPDFファイルをご覧になるためにはAcrobat Readerが必要となります。
Acrobat Readerダウンロードページへ

▲このページの先頭へ