ニュース&トピックス 2019年9月13日

フィールドワーク研究(太田市プログラム)を実施しました!

 8月27日(火)から29日(木)に「太田市のなかで、産業観光・歴史遺産・食農体験を実践的に学ぶ」をテーマに、3日間のフィールドワーク(体験学習を目的とした夏季集中講義)を実施しました。このプログラムは、太田市の食農・観光・地場産業を体験し、地域資源を発見・発掘することを目的としています。

 3日間でSUBARU矢島工場、金山城址、道の駅おおたをはじめ、太田市を代表する酒蔵(今井酒造、山崎酒造)、温泉ホテル(やぶ塚温泉 ホテルふせじま)、飲食店(焼きそば もみの木、多国籍料理 ミールズ)、農園(産直倶楽部 蓮沼農園)【以上、敬称略】をめぐって、学生は地元の地域資源を発見・発掘し、発信するための体験学習と研究活動を実施しました。

 ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました!関東学園大学では、太田市のほか、群馬県内(渋川市、神流町等)、県外といった、さまざまな場所をフィールドに、地域活性化のための調査研究を展開しています。

 学生はひきつづき体験を通じて地域課題を発掘し、地域資源を発信するための学習と研究活動を継続していきます。