ニュース&トピックス 2020年2月13日

外国人留学生と日本人学生が日本文化体験に行ってきました

 2月8日(土)に「日本文化を体験すること」をテーマに一日研修旅行を実施し、17名の学生が参加しました。
 この「日本文化体験」は、留学生と日本人学生が、交流しながらともに様々な日本文化を体験していくことを目的に毎年開催されており、今年の行先は、「東京(有明・浅草)」でした。有明では東京臨海広域防災公園にある「そなエリア東京」で、東京直下地震が起こった場合72時間をどう生き残るかについてシミュレーションしながら防災体験学習に参加したり、2020年夏の東京オリンピックで使用される競技場を見学したりしました。
 また浅草では、「グラスファクトリー創吉」で、伝統的な手法で切子ガラス作りを体験し、各自が苦戦しながらもオリジナルグラスを仕上げることができました。

 今回の研修旅行では、留学生12名と日本人学生5名が一緒に日本の伝統的文化・最新式技術を体験することで、国際社会の中での日本の特徴についての学びを一層深めることができました。関東学園大学では、引き続き、留学生と日本人学生の相互交流活動と、日本社会を理解する活動を継続してまいります。学生の皆さんの参加を来年度もお待ちしています。