トップ(関東学園大学)>国際交流

国際交流

イメージ

関東学園大学は、中国や韓国の大学と学術交流提携を結び、活発な交流をしています。

アジアの国々との交流は、これからの時代に欠かせないものです。関東学園大学では、韓国の大学や中国の山西大学と山西財経大学および山西師範大学と教育・研究その他の諸活動において、学術交流提携を行っています。

学術交流提携プログラムは、教員の交流、学生の交流、協同のプロジェクトの実施、共同研究会の実施、共同の文化プログラムの5項目からなっています。

研修旅行が行われたり、ゼミの学生が卒業旅行に訪れたりする他、山西師範大学に留学する学生や、中国から関東学園大学の大学院に留学し、日本の財政のしくみや国際経済法、国際取引法を学ぶ学生もいます。

このほど、本学園の助成により日中の法学研究者の共同執筆による「中日法制比較研究」(中国語)が出版されました。

現在、本学には、中国、韓国、ベトナム、バングラデシュ、ネパール、スリランカなどから約70人の外国人留学生が学んでいます。

▲このページの先頭へ