ホーム大学院・学部案内>君の身近の法律

法律は君の身近で動いている。

2010年度入試より法学部は募集を停止します。
公務員希望者に対しては、経済学部経済学科に「公務員コース」を新たに設置し、将来公務員や公益法人、NPOなどの職員になりたい人のためのカリキュラムを用意します。

@1台のパソコンからみえてくる法律のこと。

イメージ

@ 商品名は保護されている
商品名がひとつのブランドとして認知されている場合、類似の呼称で販売を企てる企業がないとは限りません。商品のネーミング登録に関する法律は、そうした事象の発生を防ぎメーカーやユーザーを保護する機能を持っています。

@ パソコンは多彩な特許の集大成
パソコンを動かすOSやプロセッサー、液晶などの画面、キーボード、USBなどの端子、さらにバッテリーなどの電源確保、マウスやポインターの採用、1台のパソコンにはさまざまな特許が複雑に絡み合って組み込まれています。

@ デジタル時代の長所と短所
すべてを数値のデータに置き換えるデジタル。写真や音楽、動画まで簡単に複製化が可能になると、著作権として保護すべき権利が失われる事態も多く出現しています。そうした問題に対処する法律はとても重要な役割を持っています。

@ インターネットの時代になると
インターネットを通じて、多彩な情報が世界に発信されています。すると、中には、個人情報の流出、企業情報の漏洩などの事態も起こりがちです。情報に関しての適切な管理についてどう法律が機能しているのかを知ることは大きな意義があります。

@ ネットを利用したビジネス
ネットの迅速性を利用した、株の売買、オークション、物販。すると、そのネットの利点を悪用した、詐欺事件なども多発します。そうしたさまざまな諸問題に対処するために法律の勉強は欠かせません。

▲このページの先頭へ