授業「情報プロジェクト実習」最終プレゼンテーションを実施

1月30日(木)に、「情報プロジェクト実習」(担当: 岡田昭夫 講師)の授業で、履修学生による最終プレゼンテーションが実施されました。

この授業では、パソコンスキルを身につけるだけではなく、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を習得するために、グループワークを取り入れています。学生は「医療」をテーマとして4~5名でグループを形成し、1年間研究に取り組んできました。各グループが選択したテーマは「ホスピスと緩和ケア」、「ネット依存症」、「人工生殖」。ネットや書籍からの情報収集に止まらず、医療機関へのヒアリングやアンケート調査の結果も発表されました。また、アニメーションを駆使したスライドや、詳細なデータを補足するためのレジュメを用いるなど、発表方法にも様々な工夫が見られました。

発表を終えた学生たちは、達成感に満ちた表情をしていました。今回の経験を通じて学んだことや反省点を、別の機会で活かしていくことを期待しています。

▲このページの先頭へ