トップ(関東学園大学)ニュース&トピックス>【留学生】ユネスコ出前授業(沢野小)

【留学生】ユネスコ出前授業(沢野小)

ホー・コイヨン君(マレーシア 経営学科3年)

ホー・コイヨン君(マレーシア 経営学科3年)

 

1月18日(火)本学のマレーシア籍留学生ホー・コイヨン君(経営学科3年)が沢野小学校5年生合同クラス(約100名)にて母国マレーシアについての授業を行いました。

 

ユネスコ出前授業は関東学園大学に在籍する外国人留学生を太田ユネスコ協会と共同し、太田市・邑楽郡の小中学校からの依頼を元に総合学習授業へ派遣する地域交流・貢献活動です。

 

用意していた写真やイラストを見せながら、マレーシアの文化、食生活、宗教などを日本語で説明するホー君。参加してくれた児童からも盛んに質問がありました。

 

「マレーシアのお金の単位は何ですか?」「お札に描かれている人は誰ですか?」「マレーシアで有名なスポーツは何ですか?」といったものから、「マレーシアにはどのような技術がありますか?」や「マレーシアの代表的な工業は何ですか?」等といった質問に一つ一つ答えていくホー君に対して、「趣味は何ですか?」や「日本の食べ物で一番スキなのは?」「日本へ留学したきっかけは何ですか?」等の質問もあり、交流を深めることも出来ました。

 

45分間の短い時間でしたが、児童の皆さんがマレーシアへ、世界へと興味を持つ一つの機会となれば幸いです。

また今回、先生を務めたホーコイヨン君にとって大変貴重な体験になりました。ご協力いただきました太田ユネスコ協会、沢野小学校の皆様に厚く御礼申し上げます。

 

※次回は1月20日(木)太田南中学校へ台湾出身の留学生が訪問します。

写真やイラストで説明

写真やイラストで説明

授業の様子

授業の様子

子ども達からも質問

子ども達からも質問

▲このページの先頭へ