トップ(関東学園大学附属高等学校)学校案内>校長挨拶

校長挨拶

イメージ
校長 根岸 弘

本校の建学の精神は、学園創設者、松平濱子が自戒の徳目と したもので、創立以来変わることなく、人間教育の基本として 受け継がれてきました。 この精神を基礎として、「元気で、楽しく、真剣に」を合言葉に、 生徒と教職員が一丸となって、学ぶ場を作り上げています。 「元気に」とは、心身ともに健やかであること。「楽しく」とは、 友だちや先生と信頼関係を築き、心豊かに学園生活を送ること。 そして、「真剣に」とは、学業に限らず、部活、趣味、何でもいいから ひたすらやり抜くこと。 義務教育を卒業し、目標をもった人も、目標を探そうという人 も、高校生である3年間で、それぞれが自分の可能性を発見し、 自分を磨き、自分に自信と誇りをもち、高い志をもってさらなる 夢に向かって歩んでほしいと思います。 また、本校では開校以来、「ごきげんよう」のあいさつが 交わされています。学園生活を通じて、このあいさつに込められた、 「人に対する思いやり、優しさ、誠実さ」をぜひ身につけてください。

▲このページの先頭へ