関東学園大学

在籍担当教員 経済学科


羽田 亨(はねだ とおる)
経済学部長 兼 図書館長 教授

担当科目
財政学総論、地方財政論、公共政策論、生活と経済、経済学入門II、演習II

専攻領域
財政学、租税論

主要著作・論文
著作:「公共政策と情報」(八千代出版)、論文:「公的保険の供給における課税の役割について」(三田学会雑誌80巻6号)、「制度改革の実現可能性について」(公共選択の研究第11号)、「地方公共財の分権的供給と外部効果」(関東学園大学経済学紀要第30集第2号)、「地方環境税の税率制限」(財政研究第1巻)、「消費税における金融サービスへの課税について」(三田学会雑誌第101巻1号)、「仕入税額控除制度における特例措置について-95%ルールを中心として-」(関東学園大学経済学紀要第37集)、「消費税における中小事業者に対する特例措置と仕入税額控除制度について-益税の問題を中心として-」(関東学園大学経済学紀要第39集)、その他論文多数

学位
経済学修士(慶應義塾大学)

学歴
大学:慶應義塾大学経済学部卒、大学院:慶應義塾大学経済学研究科博士課程単位取得満期退学

メッセージ
学生生活を通じていろいろなものに打ち込み、たくさんの経験をしてください。

林 仁史 (はやし ひとし)
経済学科長 教授

担当科目
統計学総論、マクロ経済学、演習I・II

専攻領域
マクロ経済学

主要著作・論文
「出生率、死亡率および人的資本」東京都立大学経済学会『経済と経済学』第94号 p.81-99、「先進国と発展途上国の産業構造変化の相違」東京都立大学経済学会『経済と経済学』第92号 p.23-58、「韓国、台湾についての製造業部門別全要素生産性成長率と貿易構造の比較-物的資本、労働投入および人的資本の役割-」東京都立大学経済学会『経済と経済学』第90号 p.87-108

学位
修士(経済学)(中央大学)、修士(国際経済学)(横浜国立大学)

学歴
(大学)中央大学経済学部卒業、(大学院)中央大学大学院経済学研究科博士前期課程修了(経済学専攻)、横浜国立大学大学院経済学研究科修士課程修了(国際経済学専攻)、東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学(経済政策専攻)

教育活動等
大学では勉強することも大事ですが、部活・サークル活動やアルバイトやボランティア活動などいろいろなことを経験してください。そこで直面する問題を解決できたとき、みなさんは宝物を得たことになるでしょう。

メッセージ
大学では勉強することも大事ですが、部活・サークル活動やアルバイトやボランティア活動などいろいろなことを経験してください。そこで直面する問題を解決できたとき、みなさんは宝物を得たことになるでしょう。

石坂 昌弘(いしざか まさひろ)
教授

担当科目
スポーツ行財政論、地場産業論、演習II

専攻領域
地方自治

学位
経済学士(法政大学)

学歴
昭和50年群馬県庁入庁、病院局長、人事委員会事務局長を経て現職

メッセージ
現実に起こっている様々な世の中の出来事や動きに対し興味を持って理解できるよう、具体例を取り上げながら授業を行います。

國方 敬司(くにかた けいじ)
教授

担当科目
西洋経済史I・II、経済史I・II、地域と経済、環境と経済

専攻領域
イギリス経済史、環境経済学

主要著作・論文
(1)『中世イングランドにおける領主支配と農民』(刀水書房、1993年)。(2)岩本由輝・國方敬司編『家と共同体-日欧比較の視点から-』(法政大学出版局、1997年)。(3)國方敬司・直江眞一編『史料が語る中世ヨーロッパ』(刀水書房、2004年)。(4)國方敬司・永野由紀子・長谷部弘編『家の存続戦略と婚姻:日本・アジア・ヨーロッパ』(刀水書房、2009年)。(5)「イギリス農業革命研究の陥穽」『山形大学紀要(社会科学)』第41巻2号、2011年2月。(6)「イギリス農業革命からみたフェンとマーシュ」東北学院大学『経済学論集』177号、2011年12月。(7)「『大英百科事典』にみる19世紀はじめのイギリス農業」『山形大学大学院社会文化システム研究科紀要』第9号、2012年10月。(8)「イギリス農業革命はどのようにとらえられるべきか―プロザロウ再読―」『山形大学紀要(社会科学)』第44巻2号、2014年2月。(9)「ロック「土地所有権」論と批判の系譜」山形大学歴史・地理・人類学論集』第15号、2014年3月。(10)「ウォータ・メドウズについて」『山形大学紀要(社会科学)』第46巻1号、2015年7月。(11)「ウォータ・メドウズとウェセクス農業革命」 『山形大学紀要(社会科学)』第46巻2号、2016年2月。

学位
博士(経済学)(東北大学)、経済学修士(一橋大学)、文学士(東京教育大学)

学歴
東京教育大学文学部卒,一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学

経歴
三浦新七博士史学研究編纂委員、山形県消費生活審議会委員長、山形地方職業安定審議会委員、省エネルギー地域活動支援事業東北地区選考委員会座長、山形新聞報道審査会委員長、山形女性の活躍推進協議会委員長、「子育てするなら山形県」推進協議会会長、山形県食の安全推進会議委員長、財団法人三浦新七博士記念会評議員、「やまがた集中改革プラン」の推進に関する第三者委員会委員長、「やまがたECOマネジメントシステム」外部評価委員長、山形県環境審議会委員、山形県内水面漁場管理委員会長、山形県子どもの貧困対策・ひとり親家庭自立促進推進委員会委員長、東根市市総合計画策定専門家会議委員、白鷹町まち・ひと・しごと創生総合戦略策定委員会委員長、中山町政策推進会議委員長、河北町まち・ひと・しごと創生総合戦略策定有識者会議委員 など

教育活動等
(1)山形県立産業技術短期大学校非常勤講師、(2)山梨大学教育学部集中講義、(3)東北公益文科大学非常勤講師、(4)東北大学経済学部集中講義、(5)東北文教大学(山形短期大学)非常勤講師、(6)福島大学博士後期課程非常勤講師

メッセージ
社会現象は単純にみえても、多様な要素が絡まり合っているので、さまざまな観点から検討し理解していくことが大事です。授業でも、物事をさまざまな視点から見ていく力を一緒に身につけていきたいと思います。

永井 薫(ながい かおる)
教授

担当科目
安全と経済、刑事政策、フレッシュマンセミナー、ソフォモアセミナー、演習I・II、課外講座(警察の実務)

専攻領域
警察政策

学位
経営学士(立命館大学)

学歴
群馬県警察本部警備部長、同生活安全部長、群馬県前橋警察署長、関東管区警察局 監察官

メッセージ
常に相手の立場になって考え、相手が自分に望んでいることをしてあげ、相手が自分に望んでいないことをしなければ、真の友は得られると思います。沢山の友と実りある学園生活を送ってください。

中村 正明(なかむら まさあき)
教授

担当科目
観光まちづくり論、食と農の経済学、6次産業化論、地域経済デザイン論、フレッシュマンセミナー、ソフォモアセミナー

専攻領域
農業経済学、地域活性化

主要著作・論文
経済学部における6次産業化人材育成:関東学園大学のアクティブラーニングの事例から関東学園大学紀要Liberal Arts 2020年29巻

学位
農業経済学士(東京農業大学)

経歴
東京農業大学客員研究員、東京情報大学客員研究員、城西国際大学観光学部非常勤講師、一般社団法人日本食文化機構代表理事

メッセージ
地域を見つめ、地域の大切な資源をいかし、「食と農・観光・地場産業」の3分野の学びを通して、地域をプロデュースできる人材育成を目指していますので、"地域プロデューサー"目指して一緒に頑張りましょう!

中田 富久(なかだ とみひさ)
教授

担当科目
地方財政論、公共政策論、ソフォモアセミナー、演習Ⅰ

岩本 千晴(いわもと ちはる)
准教授

担当科目
社会保障論、日本経済論、フレッシュマンセミナー

専攻領域
公共選択、医療経済学、地方政府の政策決定行動

主要著作・論文
「自治体の医療費助成事業にみる助成金による財政の垂直的外部性―乳幼児医療費助成制度を中心に」『公共選択の研究』54号,pp41-54,2010年、「地域間福祉競争理論の再考―Race-to-the-bottomの存在について―」『大学院研究年報(総合政策研究科篇)』(中央大学)16号,pp19-38,2012年

学位
博士(総合政策)(中央大学),修士(経済学)(ボストン大学),学士(経済学,心理学)(ボストン大学)

学歴
2017年 中央大学 総合政策研究科 総合政策専攻博士後期課程 修了
1992年 ボストン大学・大学院 経済学部 卒業
1992年 ボストン大学 経済学部・心理学部 卒業

経歴
大学 :ボストン大学経済学部/心理学部卒業
大学院:ボストン大学経済学研究科修士課程修了、中央大学総合政策研究科総合政策専攻博士後期課程修了

メッセージ
いろいろな経験をして、たくさん悩んで、たくさん考えてください。あとから振り返ってそれが財産になります。

山根 聡之(やまね さとゆき)
准教授

担当科目
経済学史、イギリス史A・B、外国史、演習I・II

専攻領域
経済学史、西洋経済史、経済政策史、金融理論史

主要著作・論文
山根聡之「統治と信用――ウォルター・バジョットの思想――」 博士学位論文(経済学)(一橋大学)、山根聡之(2003)「『ロンバード街』における「高貴な部分」―ウォルター・バジョットの政治経済思想を総合する試み―」『一橋論叢』日本評論社, 130巻6号、山根聡之(2005)「バジョット『ロンバード街』における信用―『自然学と政治学』との関連から―」『一橋論叢』日本評論社, 134巻6号、山根聡之(2006)「「終章 人物録」ほか」小峯敦編『福祉国家の経済思想―自由と統制の統合―』ナカニシヤ出版、山根聡之(2007,2010)「バジョット―民主主義と世論―」小峯敦編『福祉の経済思想家たち』ナカニシヤ出版、中村正明・山根聡之(2020)「経済学部における6次産業化人材育成:関東学園大学のアクティブラーニングの事例から」関東学園大学 Liberal Arts 第29集

学位
博士(経済学)(一橋大学)、 修士(経済学)(大阪市立大学)

学歴
(大学)和歌山大学経済学部、(大学院)大阪市立大学大学院経済学研究科前期博士課程修了、一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得

メッセージ
大学院で長年ティーチングアシスタントやリサーチアシスタント等を通じて学生指導に携わりました。本学では座学にとどまらず、積極的に地域とつながり、学生の学びの機会をつくっています。とくに太田市では、地元の事業者のみなさんや太田市役所・太田商工会議所にご協力をいただきながら、体験学習やボランティアのほか、地域の課題を見つけ、地域資源を掘り起こし、地元を盛り上げる活動に力を入れています。

長谷川 雄哉(はせがわ ゆうや)
准教授

担当科目
ミクロ経済学、産業組織論、情報基礎実習イ・ロ、経済学入門I、演習I・II、課外講座(公務員対策・人文科学)

専攻領域
産業政策論(情報産業における競争政策)

主要著作・論文
グーグル、アマゾンのプラットフォームにおける対立の課題について(日本経済政策学会 第75回全国大会 自由論題発表)(2018年5月)、アップル、グーグルによる規制なき抱き合わせへの対応(日本経済政策学会 第74回全国大会 自由論題発表)(2017年5月)、抱き合わせへのエンフォースメントと消費者の利便性 マイクロソフト,グーグル,アップル」(学位論文)(2016年12月)、「ソフトウェア産業における変化と新たな問題」(日本経済政策学会 第73回全国大会 自由論題発表)(2016年5月)、「マイクロソフト社の事例からソフトウェア産業の競争政策を考える」(日本経済政策学会 第72回全国大会 自由論題発表)(2015年5月)、「The competition policy in the IT industry is considered from the Microsoft lawsuit.」(日本経済政策学会 第71回全国大会 自由論題発表)(2014年5月)

学位
博士(経済学)(神戸大学)、修士(政策科学)(同志社大学)、学士(経済学)(同志社大学)

学歴
同志社大学経済学部 卒業、同志社大学大学院総合政策科学研究科 博士課程前期課程 修了、神戸大学大学院経済学研究科 博士課程後期課程 修了

メッセージ
大学で過ごした時間、そこで得られた知識が人生で役に立つよう、みなさんが考える力を身に着けることを応援します。何事も挑戦です、わからないことがあればまずは相談してください。お会いできることを楽しみにしています。

金 承華(きん しょうか)
講師

担当科目
経済政策総論、環境経済学、公共経済学、フレッシュマンセミナー、演習II、課外講座(JLPT N3対策)

専攻領域
経済政策、環境問題、地域研究、理論経済学、中国経済

主要著作・論文
「中国における森林管理ガバナンスの歴史的展開と分析―国有林を中心に」『大学院研究年報』第46号 2017年、「中国における退耕還林政策の展開と課題」『環境経済・政策研究』第10巻第1号 2017年 共著、「中国における砂漠化問題の検討:砂漠化対策のDID分析」『国際公共経済研究』第28号 2017年、「中国における森林認証制度についての経済分析」『経済政策ジャーナル』第14巻1・2号 2018年、「中国における森林政策の展開と課題―森林環境保全と持続可能な森林資源利用の経済分析」博士論文 2018年、「中国における森林認証制度の展開と課題-国際森林認証(FSCとPEFC)の展開とその検討」『関東学園大学経済学紀要第45集』 2019年、「農村集落と地域資源の最適管理:理論的検討」『経済学論纂』第60巻第1号 2019年 共著、「日本における農村コミュニティの経済分析:2015 年農林業センサスデータに基づく実証分析」『国際公共経済研究』第30号 2019年 共著、「ラオスと近隣諸国による広域的な森林ガバナンスの構築」Journal of East Asian Identities 5 2020年 共著、「중국의 삼림 보전 정책―퇴경환림정책에 관한 경제 분석」『지역개발연구 (The Studies in Regional Development)』第52巻第1号 2020年 共著

学位
博士(経済学)(中央大学)、修士(経済学)(中央大学)

学歴
中央大学大学院経済学研究科博士後期課程修了 中央大学大学院経済学研究科博士前期課程修了

メッセージ
貴重な大学の4年間。積極的に授業へ参加し、自主的に学修することによって、基本知識の習得と同時に、他者と議論できる能力を身に着け、抜かりなく社会に出る準備をしましょう。そのお手伝いをしたいと思っております。

唐 麗(とう れい)
講師

担当科目
中国語・中国語I、国際金融論、国際経済学、フレッシュマンセミナー、演習I、課外講座(JLPT N2対策)

専攻領域
国際金融論、国際通貨論、国際経済学、中国経済

主要著作・論文
唐麗(2015)「中国の金融自由化とシャドーバンキング問題」 修士論文 福岡大学大学院商学研究科商学専攻博士課程前期 学位論文、唐麗(2018a)「国際通貨論からみた人民元の国際化―国際貿易取引通貨としての発展を中心に」 九州大学大学院経済学会『経済論究』第160号 pp13~50 2018年、唐麗(2018b)「国際通貨論からみた人民元の国際化―投資通貨としての発展を中心に」『証券経済学会年報』第53号別冊 pp1-3-1~1-3-16 2018年(第88回証券経済学会春季全国大会,学会報告論文)

学位
修士(商学)(福岡大学)

学歴
福岡大学大学院商学研究科商学専攻博士課程前期修了
九州大学大学院経済学府経済システム専攻博士後期課程単位修得退学

経歴
九州大学経済学研究院助教を経て現職

メッセージ
挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということです、貴重な4年間で、ぜひ学内外のいろいろなことにチャレンジして、後悔しない大学生活を過ごしてください。