トップ(関東学園大学)大学院>大学院の教育目的

大学院の教育目的

関東学園大学大学院は、平成26年度入試より学生募集を停止することと致しました。

大学院の教育目的

関東学園大学大学院は、教育基本法及び本学建学の精神に則り、学部における一般的及び専門的教養の基礎の上に、広い視野に立って学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめて文化の進展に寄与する人物を養成することを目的とする。

経済学研究科長のあいさつ

経済学研究科長 羽田 亨

経済学研究科長 羽田 亨

本研究科の学生のほとんどが社会人経験を積んだのち、または積みながら学ぶ社会人学生で、その多くは高度な職業人として税務の専門家などになることや、または、グローバルにビジネスの世界で活躍することを志望しています。
本研究科では、専修科目に関連した科目の履修は、専門的な知識を修得するうえで重要なことはもちろんですが、専修科目とは異なる分野の科目を積極的に履修するように指導しています。経済学を深く学ぶことで専門的知識の修得はもちろん、より広い観点から社会を見られるようになり、豊かな知識をもった高度な職業人となることができます。

▲このページの先頭へ