トップ(関東学園大学)大学院>経済学研究科の概要

経済学研究科の概要

関東学園大学大学院は、平成26年度入試より学生募集を停止することと致しました。

経済学研究科では、学部新卒者よりも、大学卒業後、ある程度の実務を経験したうえで、さらに高度な勉学を志望する社会人学生が多くみられるのが特長です。本学の大学院では、学会で長年、経済や法学の研鑽を積んだ教授、あるいは各官公庁や民間企業などで豊富な実績を積み上げてきた専門家が、高度な専門的職業人を地域社会に広く送りだしています。

イメージ

経済学研究科人材養成の目的

経済学研究科は、経済学について広い視野に立ってより深い学識を教授研究し、専攻分野における理論と応用の研究能力を培い、また高度の専門性が求められる職業を担いうる人材を養成することを目的としています。

経済学研究科の特徴

1.税理士志望の方へ

本研究科では「税法」科目4科目を設置しており、さらに「租税論」「租税制度論」の演習科目を設置しておりますので、現行日本租税制度およびそれに関連する諸問題の研究が可能です。

→ 学位による試験科目免除制度についての詳細は国税庁ホームページで確認してください。

2.社会人の方へ

高度な専門的職業人の養成に重点を置き、公務員・企業の現職にある社会人の出願を歓迎します。

3.高等学校教諭一種免許状(公民)を有する方へ

本研究科にて修士号の基礎資格を得るとともに、教科に関する科目を24単位以上修得することで、高等学校教諭専修免許状(公民)授与の所要資格を取得できます。

4.留学生の方へ

近代経済学の体系に沿ったカリキュラムが組まれております。また授業料減免制度もあります。

5.閑静な学習環境

本研究科では大学院生が研究・論文執筆に集中できるよう、学習環境を整備しています。

大学院生特別閲覧室

図書館の2階に、大学院生のみ入室できる特別閲覧室があります。閲覧室内にはパソコンも備え付けており、論文執筆に必要な文献や資料を収集することができます。

特別閲覧室

特別閲覧室

大学院生自習室

入学年度別に自習室を開設しています。希望者へは教室内の個人ロッカーを貸出しています。

大学院生自習室

大学院生自習室

▲このページの先頭へ