トップページ就職支援卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

豊潤なコミュニケーションの大地が咲かせる豊かな人間性

[内定先]大泉町役場

H.Kさん
経済学科 平成30年3月卒業
群馬県関東学園大学附属高等学校 出身

本学で伸ばしたコンピテンシーが内定へとつながりました。
公務員の仕事について、入学当初は漠然としたイメージでした。その印象が変わったのがインターンシップです。地元の市役所でボランティアやイベント運営の業務に携わり、窓口業務だけでなく、イベントなどを裏方として支える仕事があることを知りました。夏休みや春休みも先生に指導していただきながら勉強に打ち込み、試験前は「4年間頑張ったから大丈夫!」という心持ちでした。大学のディベート大会で優勝するなど、コンピテンシーである論理的思考力や表現力を伸ばしたことが、面接での話し方などに良い影響をもたらしたと思います。大泉町役場を選んだのは、もともと好きでよく通っていたこと、大学で役所の方の話を聞いていたことなどが理由です。伊藤さんのような先輩の存在は心強いですし、大泉町の観光面をさらにPRできるよう覚悟を持って仕事をしたいです。

イメージ

[内定先]積水ハウス株式会社

D.S さん
経営学科 平成30年3月卒業
群馬県 前橋育英高等学校 出身

住宅業界に興味があり、なかでも私自身が「住みたい」と思う家を建てる積水ハウスが第一志望でした。内定にあたり就職ガイダンスや模擬グループディカッションが役立ったほか、営業のノウハウが学べる「営業力講座」がとても効果的だったと思います。リーディングカンパニーで自信を持ってスタートできそうです。

イメージ

[内定先]北群馬信用金庫

I.M さん
経済学科 平成30年3月卒業
群馬県 明和県央高等学校 出身

金融機関か公務員かで迷いましたが、卒業生の話が大変参考になり、最終的に地域の人々に金融の専門家として深く関われる信用金庫に決めました。内定を得た理由のひとつはディベート大会の経験だと思います。人前で話す力や表現力、論理的思考力が身についたことが、就職活動に臨む自信になりました。

イメージ

[内定先]株式会社レオパレス21

留学生T さん
経営学科 平成30年3月卒業
ベトナム 出身

就職活動で最も大変だったのは、履歴書やモチベーショングラフの書き方。悩むたびに学生支援センターの職員の方の所へ相談に行き、親切に教えていただきました。また、学生広報チーム「PRism」に属しオープンキャンパスの運営などに関わったことも就活力を高めたと思います。教職員の方による支援を受け、念願の日本企業への就職が実現しました。

イメージ